木枯らしの吹く頃になると無性に恋しくなるのが鍋料理。たちのぼる湯気、グツグツと具材の煮える音、そしてアツアツの具をほおばれば……。味そのものだけでなく、鍋を囲む“空気”までがおいしい、至福の瞬間がそこに待っています。今回は、地の食材や旬の鮮魚を使ったおいしい鍋料理のお店をご紹介します。

そして忘れてはならないのが、そんな鍋ものと相性抜群の旨い酒! 店主こだわりの1本をご紹介しながら、記事を進めていくことといたしましょう。

下関産よりも身が上質!
天然のトラフグだけをお出しします


三水館
ふぐコースが味わえるのは10月~3月。10,500円~15,750円まで、4種のコースが揃う。
「河豚(ふぐ)は山口県徳山産か、熊本県天草産を仕入れてます。同じ値段でも、下関産と比べて徳山産の方が身が上質。また、天草のきれいな水で育った河豚も美味」

と話すのは、広島の繁華街、八丁堀電停近くのふぐ料理店『正弁丹吾』の大女将、森野百代さん。

大阪の老舗和食料理店『正弁丹吾亭(しょうべんたんごてい)』から“正弁丹吾”の4字を受け継ぎ、広島で開業して約40年。天然のトラフグのみを扱う専門店として、舌の肥えた中高年男性を中心に支持されている。そのため、酒選びも気が抜けない。

極上天然フグを引き立てる
くせのない芋焼酎『魔王』


三水館主人
生け簀を囲む1階のカウンター。2階はテーブル、3階は大広間、4、5階は個室になっている。
「『魔王』は手に入りにくい貴重な焼酎なんですけどね、ウチは常時置いてます。芋焼酎なのにキツいくせがないから、河豚にもよく合うんです」

焼酎は他に約10種、日本酒も各地の地酒が約30種揃う。“ひれ酒”だけでは物足りない酒好きにおすすめの河豚料理店だ。


四季折々の旬の魚を主にしたコース料理と、豊富なお酒のラインナップが自慢の、ちょっといい店『正弁丹吾』。今ではなかなか手に入らない焼酎、『魔王』をいつも揃えているというのも、また魅力です。

次のページではお店の詳しいデータ、そして幻の芋焼酎『魔王』についてご紹介します。