日に日に頬に当たる風も冷たくなってきて、そろそろ本格的に温泉が恋しい季節になってきました。家にこもる時間も長かった2021年前半。なんとなくすっきりしない体調の方も多いのでは? そんな2021年末~2022年の冬におすすめしたいのは、群馬は四万温泉で叶えるヘルシー&ビューティーな温泉旅。
 
温泉が健康や美容に良いのはすでにご存じの方も多いと思いますが、ここ四万温泉では近年それに加えてヘルシーな食と甘味、アクティビティに力を入れているのです。温泉×食×適度な運動の掛け合わせで、体の中からも外からも美しく。黄金の掛け合わせを1泊2日で体験できるヘルシー&ビューティーな温泉旅を紹介します。
 
~Contents~ ヘルシー&ビューティーを叶えてくれる温泉旅 
  1. 体の中から:温泉街散歩で訪れたい、薬膳カフェ
  2. 体の外から:肌をしっとり潤す、美人の湯
  3. 体の中から:ヘルシーかつジューシーな、上州地鶏
  4. 体の外から:巡りを良くしてくれる、朝ヨガ
  5. 体の中から:胃腸の働きを促す、飲泉
  6. 体の外から:心が浄化される景色に出会う、散策
 

1. 体の中から:温泉街散歩で訪れたい、薬膳カフェ 

元禄7年から湯治の宿として親しまれる積善館の隣に昨年オープンした薬膳カフェ「向新」

元禄7年から湯治の宿として親しまれる積善館の隣に昨年オープンした薬膳カフェ「向新」

宿にチェックインをしたら、荷物を置いて、温泉街のお散歩へ。情緒ある街並みに、四季折々に姿を変える山の景色。渓流沿いに佇む温泉街は散策にはもってこい。お散歩ついでに目指したいのは、赤い橋がシンボルの湯治の宿・積善館の営む薬膳カフェ。

2020年秋にオープンしたばかりのこちらのカフェでは、薬膳茶をはじめ、薬膳粥に薬膳スイーツなど、種類豊富な薬膳メニューが味わえます。
 
冷え・エイジング・抗菌補助・うるおい……など全10種類の「体の不調」に効く薬膳茶を選ぶことができ、自身の不調サインに合わせてセレクトしたお茶をポットでいただけます。

筆者が選んだのは、抗菌補助のお茶。ミント系のさわやかな飲み口で、すっきりとした味わいでした。胃に届くと、しっとり吸収されていくような、いつまでも温かいような不思議な感覚に。薬膳スイーツのひとつとして味わった薬膳ぷりんも、甘くなくすっと食べることのできる大人の味でした。
 
薬膳や向新
https://yakuzenya.jp/
Tel. 0279-64-2101
 

2. 体の外から:肌をしっとり潤す、美人の湯

四万温泉 鹿覗キセキノ湯つるやの源泉掛け流しの露天風呂「鹿覗きの湯」

四万温泉 鹿覗キセキノ湯つるやの源泉掛け流しの露天風呂「鹿覗きの湯」

薬膳茶で内側から体を温めたら、宿の温泉へ。透明で優しい四万の湯は、保温・保湿に優れた美人の湯。今回筆者が訪れたのは、四万温泉 鹿覗キセキノ湯つるや。源泉掛け流しの露天風呂「鹿覗きの湯」からは、季節によって色みを変える木々を眺めながら、ゆったりと四万の湯を堪能できました。
 
寒い季節の澄んだ空気の中、浸かる温泉の気持ち良いこと! 湯上りには体中がいつまでも温かく、乾燥で荒れ気味だった肌もしっとりと潤いを取り戻していました。
 
四万温泉 鹿覗キセキノ湯つるや
https://tsuruya.net/
Tel. 0279-64-2927
 

3. 体の中から:ヘルシーかつジューシーな、上州地鶏

群馬県のレストランや旅館では、上州地鶏を取り入れたメニューが増えている

群馬県のレストランや旅館では、上州地鶏を取り入れたメニューが増えている

温泉、薬膳のほかにもまだまだヘルシー&ビューティーな要素が盛りだくさんの四万温泉の旅。お次は、今、群馬県が力を入れているブランド地鶏「上州地鶏」を夕食で。こちらの鶏肉は、一般的な鶏肉と比べてイミダゾールペプチドという成分が豊富に含まれているとのこと。この成分は、疲労感の軽減や、脳の老化予防への効果が期待できるのだとか。

難しい話はさておき、エサや飼育期間など厳しい条件をクリアした希少性の高いこの鶏肉は、一般的な鶏肉に比べて、ヘルシーかつジューシーな味わいです。
 
筆者も現地で実際に外国産の鶏肉とこちらの上州地鶏の食べ比べをさせていただきましたが、確かにジューシーさが違う! これでさらに体に良いとなるとヘルシー&ビューティーを求めた旅先で少し食べ過ぎても罪悪感がないのがいいですね。
 

4. 体の外から:巡りを良くしてくれる、朝ヨガ

四万温泉の「スパ ゲストハウス ルルド」では不定期に朝ヨガのプログラムを開催

四万温泉の「スパ ゲストハウス ルルド」ではヨガ付き宿泊プランを造成中

翌朝、朝風呂と朝食を楽しんだら、旅先ならではの体験として朝ヨガのプログラムに参加してみるのもおすすめです。四万温泉内にある施設「ルルド」では、ヨガ付き宿泊プランを造成中。
 
薬膳・温泉・上州地鶏で、体の中から外から癒された体を、ヨガでさらにほぐしてみれば、日常生活の中で肩や脳内に溜まったストレスが、すーっと洗い流されていくのを実感できるはず。ガイドは、ひと足早くテスト開催されたプログラムに参加させてもらいましたが、普段ヨガを行う習慣がなくても無理なく参加できるハードすぎない内容で、体が整うのを感じられました。
 
スパ ゲストハウス ルルド
https://lulud.jp/
※ヨガ付き宿泊プランは2月頃から開始予定 
 

5. 体の中から:胃腸の働きを促す、飲泉

四万温泉にはいくつかの飲泉所が。温泉街の散歩の途中で訪れてみては。

四万温泉にはいくつかの飲泉所が。温泉街の散歩の途中で訪れてみては。

「四万の病を治す霊泉」と古くから伝えられている四万温泉の湯は、飲泉も可能です。ヨガで体をのばし、巡りを良くしたら、ルルドから歩いてすぐの場所にある飲泉所を訪れてみても。ほんのり温かいお湯を口に含み、静かに飲み込む。実際に飲んでみると、胃腸を適度に刺激してくれるのを感じられることでしょう。
 
ゆずりは飲泉所
https://nakanojo-kanko.jp/shima/hotsprings/
Tel. 0279-64-2321(四万温泉協会)
 

6. 体の外から:心が浄化される景色に出会う、散策

湖の水の色がコバルトブルーに輝く美しい奥四万湖

湖の水の色がコバルトブルーに輝く美しい奥四万湖

体の中からも外からも、だいぶリフレッシュされてきたのではないでしょうか。四万温泉の旅の最後は、奥四万湖まで足を運んでみてはどうでしょう。ゆずりは飲泉所からは歩くこと30分程度(車で10分程度)。四万川ダムからの眺めは圧巻で、山々に囲まれた中、コバルトブルーに輝く奥四万湖の水面はなんとも言えず美しく、心をすーっと軽くしてくれます。
 
奥四万湖ではカヌーも楽しめるので、興味のある方はトライしてみても(スパ ゲストハウス ルルドなどからの事前予約がおすすめです)。上から眺めるのとはまた違った視点で美景を堪能できます。
 
奥四万湖
https://nakanojo-kanko.jp/shima/spots/okushimako/
Tel. 0279-64-2321(四万温泉協会)
 
体の中から外から。ヘルシー&ビューティーを叶える要素が盛りだくさんの四万温泉の旅。女同士でわいわい行くのも、最近少し元気がないのが気になるパートナーを連れ出して行くのでも。出かける前よりも、体も心も軽くなって帰ってくることでしょう。この冬の旅先候補に、ぜひ。

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。