京都の秋の風物詩 「清水焼の郷まつり」

 

 

「清水焼の郷まつり」は京焼・清水焼を販売、展示する陶器まつりです。清水焼の窯元は、山科に集まっていて、京都市山科区の「清水焼団地」と呼ばれています。その場所で陶器市が行われます。

清水焼団地協同組合の主催で2013年で39回目だそうです。組合に加入している窯元や卸問屋などが団地一帯に露店を構え、食器や陶芸品など約50万点を普段よりも割安な価格で販売しています。

自宅用、来客用など気に入った陶器があればこれを機に揃えてみるのもいいと思います。

お祭りのポイント

・年に一度の大陶器市で、焼きのもだけでなくその他イベントが盛りだくさんで、陶器以外にも楽しめます。

・子供におすすめなのが、のろくろ体験! しかも無料です。京都伝統工芸大学校の若手陶芸家さんたちがやさしく指導してくれます。

・窯元や問屋など多くのお店が並び、平常価格の3~5、6割引で展示既売しています。

・ちょっとしたキズ物などは数百円のものあり、安い陶器などは争奪戦も。

・「きよまろ」という名のマスコットキャラがいます。

■清水焼の郷まつり(きよみずやきのさとまつり)
開催期間:2013年10月18日(金)~20日(日)
アクセス:京阪バスが京都駅から会場までの臨時バスを運行
URL:http://www.kiyomizuyaki.org/index.html

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。