ラダック・レストランガイド

メイン・バザール
レーのメイン・バザール。レストランは2階以上にある
ラダックではレストランの数はそう多くありませんが、どの村にもたいてい小さな食堂があります(ないところもありますが)。

そうしたラダックのなかで、レーのレストラン事情はかなり充実。チベット料理を出すカフェやレストランがいくつもあり、主な店はメイン・バザールと呼ばれる繁華街に集まっています。建物の上階にある店がほとんどなので、店の中から通りを見下ろすのもまた一興。どこも値段や味にそれほど差はありませんが、今回私が行った店のなかから、いくつかご紹介します。

■SHANGRILA(シャングリラ)
SHANGRILA
レストランというより町の食堂といったカジュアルな雰囲気

レーのメイン・バザール沿いにあるレストラン。それほど広くないけれど、チェック地のテーブルクロスや木目の椅子が素朴でどこかかわいらしい印象。値段も手頃で、地元の若者が普通にお茶をしているようなカジュアルなお店です。野菜トゥクパはインスタントラーメンのようなスープ。チキン風味のちょっとチープな味はなんとなく懐かしい感じがします。
  • 所在地:Main Market, Leh ,Ladakh
  • 交通・アクセス:メイン・バザール沿い
  • TEL:01982-255564
  • 予算:50インドルピー前後
■Gesmo(ゲツモ)
Gesmo
洋食のメニューも豊富なので欧米人にも人気。インド料理もある

レーのフォート・ロード沿いにあるレストラン。チベット料理をはじめ、各国の料理が揃っています。朝7時すぎから焼きたてのパンを売っていて、朝食をとることもできます。カジュアルながら雰囲気も悪くないので、いつも多くの人で賑わっています。実は私も滞在中に、朝食・夕食・お茶と3回も利用したほどお気に入り。インフォメーション・ボードもあり、情報交換の場としてバックパッカーにも人気があります。
  • 所在地:Fort Road, Leh ,Ladakh
  • 交通・アクセス:Yak Hotelの向かい
  • TEL:01982-255564
  • 予算:80インドルピー前後
■Siachen garden(シアチェン・ガーデン)
Siachen garden
うっかり通りすぎてしまいそうな看板

これはレーではなく、ラマユルという小さな村にあるレストラン。ラマユル生まれ、ラマユル育ちのご主人が営んでいます。といっても庭にテーブルが2つあるだけの小さな店で、特にメニューもなく、客が来れば、注文に応じて作ってくれます。そのため、料理が出てくるまでに少し時間がかかりますが、ラマユルの絶景を見渡せる庭にいれば、まったく気になりません。
  • 所在地:Lamayuru, Ladakh
  • 交通・アクセス:幹線道路沿いにある売店の横の細い道を入る。ゴンパへ向かう道の途中
  • 予算:50インドルピー前後
※2007年6月現在 1 インドルピー=約3.03円

迫力の景観、底抜けに青い空、そして優しいラダックの人々——どれも印象的で、日本に戻ってもふとした瞬間に、ラダックで過ごした日々を思い出します。そんなラダックの美しい魅力に、あなたもぜひ触れてみてください。

【関連リンク】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。