GWの予定は決まりましたか? 今年は5/1、5/2にお休みが取れれば最大で9連休。そこで今回はGWにピッタリの旅行先をピックアップ。美食にこだわったGW旅行プランを日数別に3つご紹介します。

【Index】
  • 3日間~中国で本場の中華料理三昧!

  • 5日間~ハワイでパシフィック・リム・キュイジーヌに舌鼓

  • 6日間~旬のホワイトアスパラガスを食べにヨーロッパへ


  • 3日間~中国で本場の中華料理三昧!

    中国
    新旧が共存する中国。こうした昔ながらの光景もあちこちで見られる
    まずは気軽に行けるアジア代表は中国。5月の中国は気候もよく街歩きもしやすいので、本当にオススメです。

    広い中国のなかで、短期間で行きやすいのはやはり北京と上海。いずれも日本から飛行機で3時間前後。手軽に行けるとあってGWの旅行先としても人気があります。最低3日あれば行けますが、ポイントは現地滞在の長いツアーを選ぶこと。ただGWだけに「行き:夜発/帰り:午前発」のようなフライトしか押さえられないこともあるかもしれません。その場合は可能であれば4日はほしいですね。料金はさほど変わりません。

    上海外灘の夜景
    ライトアップが美しい上海の外灘
    さて、北京と上海。どちらも魅力的な街ですが、それぞれ違う魅力を持っています。北京は一言でいうなら、歴史を感じられる街。現存する宮殿のなかでは最も古い紫禁城(故宮)など歴史的な建造物も多く、昔ながらの風情を残す街並みもあちこちに残っています。また世界遺産である万里の長城へは日帰りツアーで行くことができます。

    一方の上海は近代的な建物が建ち並ぶ大都会。活気に溢れた街は歩いているだけで楽しく、オシャレなバーから見える美しい夜景も印象的。上海雑技団などエンターテインメントも充実しています。どんなことがしたいのかを考えてみれば、行き先も自然と決まってくるのではないでしょうか。


    上海・北京で楽しめる極上の名物料理

    全聚徳の北京ダック
    北京で必ず食べたい北京ダック。老舗の全聚徳は上海にもある
    中国で楽しみたい美食……、もう数え切れないほどあります。まず北京なら北京ダック、上海なら小籠包ははずせません。残念ながら上海蟹のシーズンは終わっていますが、一年中食べられる店もありますし、カニみそやカニ肉のあんをかけた豆腐や炒飯、カニみそ入り小籠包など、蟹を使った料理もたくさんあります。

    南翔饅頭店の小籠包
    上海名物、南翔饅頭店の小籠包は肉汁たっぷりで美味
    そしてフカヒレ、アワビ、ナマコなどの高級料理も一度は楽しみたいところ。これらは本来広東料理ですが、北京や上海でも充分においしいものを味わうことができます。店にもよりますが、フカヒレの姿煮で一品300元(約4,800円)前後から。

    とにかく中国はおいしいものだらけ。徹底して食いだおれの旅にするのもいいですよ。おやつにピッタリの屋台もたくさんあります。それと春から初夏にかけては青菜の野菜がおいしい季節。ぜひ野菜の炒め物なども試してみてください。

    【関連記事】
  • 「本家本元」の中華料理店、発見!

  • おいしい店に人が集まる!上海のB級グルメ

  • レトロ&モダン 上海お洒落バーめぐり(AllAbout中国)

  • 史上最大の人工建築物 万里の長城(AllAbout世界遺産)


  • 次のページは、もう少し長く休みが取れる人の5日間コース。常夏のリゾート、ハワイでリフレッシュしませんか?