オリジナルメニューが豊富なトルコのマクドナルド

トルコでしか食べられない、マックトルコ(ビーフ)(C)McDonald's Turkey

各国に様々なユニークメニューがありますが、なかでもトルコは伝統的なトルコの味を活かしたオリジナルメニューの開発に力を入れている国です。そのひとつが、その名もマックトルコ(McTurco)。パンに挟む中身はチキンかビーフを選べます。香辛料が効いたビーフにはチリソースを、チキンには胡椒入りマヨネーズを合わせます。

キョフテバーガー。パテが2枚入ったダブルもある(C)McDonald's Turkey
またトルコの名物料理キョフテを使った、キョフテバーガー(Kofteburger)にも注目。キョフテとは肉団子のようなもので、トルコにはキョフテ専門店もあります。羊が一般的ですが、キョフテバーガーに使われているのはビーフ。ヨーグルトソースとスパイシートマトソースで仕上げてあります。

またアイラン(Ayran)と呼ばれるトルコの伝統的なヨーグルトドリンクのほか、季節ごとの限定商品も販売中。どれもトルコのオリジナルメニューなので、トルコを訪れた際にはぜひお試しを。

異国情緒漂う?! アラブ限定、マックアラビア

マックアラビアはエジプトでも売っている(C)世界一周旅物語(せかたび)
実は他の地域にも、マックトルコに似たメニューがあります。サウジアラビアやオマーンなど中東諸国のオリジナルメニューといえば、マックアラビア(McArabia)。なんだか異国情緒漂うネーミングですよね。

中身はチキンとコフタの2種類。コフタとはキョフテと同じく、肉団子のようなもの。グリルした肉を少量の塩と胡椒で味付けしてパンに挟みます。マックトルコとの違いはソース。マックアラビアはコフタにはゴマを使ったタヒナソース、チキンにはガーリックソースを使っています。

インドネシアのマクドナルドは白いご飯が食べられる!

本当に真っ白なライスが出てくるインドネシア(C)世界一周旅物語(せかたび)
そしてお米好きの日本人なら見逃せないのがご飯モノ。世界にはご飯が食べられるマクドナルドもあるんですよ。例えばタイのマクドナルドには、チキンマックライスバーガーポークマックライスバーガーがあります。価格は200円強。またマレーシアにはブブー・アヤム・マクド(Bubur Ayam McD)という鳥粥があり、やさしい味で疲れたときにぴったりです。

そしてインドネシアでは、なんと真っ白なご飯が出てきます。チキンやスープとのセットにもなっているので、ちょっとした定食のよう。異国で食べる白飯はまた格別なはずです。
ほかにも、イギリスのローストビーフのサンドイッチ(Roast beef with red onion relish)やオーストラリアのマックオージー(MacOZ)など様々なオリジナルメニューがあります。ぜひ探してみてくださいね。

次のページでは日本マクドナルドが出した期間限定商品「メガマック」の登場です。