ハロウィンが終わり11月に入ると、日本ではあちらこちらでサンタやツリーが飾られ、クリスマス商戦が始まります。しかしアメリカではまだクリスマスの飾りつけは始まりません。その理由はクリスマスの前にとっても大きな祝日が待っているから! その重要なお祭りこそ「感謝祭(Thanksgiving Day)」なのです。

「感謝祭」はイギリスからアメリカに渡ったピルグリム達の初めての収穫を記念する祝日。他国の歴史なので私なんぞは正直ピンと来ませんが、英語を学びなおすのならアメリカの大切な日について知っておいても損はありませんね。感謝祭ならではの英語表現もリストアップしましたので、英語雑学としてどうぞ!

【CONTENTS】


感謝祭はいつするの?

最初の感謝祭
歴史の浅いアメリカにとって、約400年前に起源を持つ感謝祭はルーツを感じる歴史的記念日なのでしょうね。
感謝祭は毎年11月の第4木曜日に行われます。今年は11月22日でした。感謝祭がアメリカの祝日に決められたのは1863年、リンカーンの時代にさかのぼります。「感謝祭は11月の最後の木曜日に行う。」リンカーンはそう宣言したそうです。その後フランクリンルーズベルトが11月の第4木曜日に変更。その理由はホリデーショッピングの時期を早めるためだったそうです。

感謝祭の起源は?

Thanksgiving on Thursday
英語で歴史を学ぶなら子ども向けの易しい本で!『Thanksgiving on Thursday(Magic Tree House)』 Random House Childrens Books
感謝祭のそもそもの起源は1621年、イギリスからアメリカに移住したピルグリムたちがアメリカでの初めての収穫を神に感謝し、冬を越す知恵を授けてくれたネイティブアメリカンを招待して祝宴を催したことに由来しています。

この最初の感謝祭のちょうど一年前の1620年9月、ピルグリムを乗せたメイフラワー号はイギリスを出発し、2ヵ月間の苦しい航海の末にアメリカに到着します。しかし新天地で彼らを待っていたのは厳しい冬。満足に食べ物もなく、最初の冬を越す間に多くの仲間を失います。

そんな彼らを救ってくれたのが先住民のネイティブアメリカン。彼らの知恵のお陰でピルグリムたちは次の冬を充分越せるだけの収穫を得ることができたのです。

ネイティブアメリカンに感謝を捧げるため、ピルグリムたちは彼らを招待し、丸3日間の祝宴を行いました。長いテーブルに七面鳥や野菜が並べられ、感謝の祈りが捧げられます。そしてピルグリムとネイティブアメリカンたちが手を取り合って歌ったり踊ったり。これがアメリカの感謝祭のお決まりイメージです。

感謝祭には何をする?

現在の感謝祭は、家族や友人が寄り集まっておなかいっぱいごちそうを食べたり、テレビでアメリカンフットボールを観戦したり、ショッピングを楽しんだりします。感謝祭の食べ物と言えばロースト・ターキーです。2007年にアメリカで生産された七面鳥は約2億7千羽。単純計算すると、アメリカ人は一年間に1人1羽の七面鳥を食べる計算になります。

映画やドラマでも家族がロースト・ターキーを囲み、祈りを捧げるシーンがよく描かれます。『スパイダーマン』に伝統的な感謝祭のシーンがあるのでチェックしてみて下さいね。

次ページでは、感謝祭の関連ワードをご紹介します。