日本でもすっかり定着したハローウィン

オレンジ色のカボチャも珍しくなくなった。
オレンジ色のカボチャも珍しくなくなった。
10月31日はハロウィーン!日本では秋のイベントとして定着してきましたね。バレンタイン商戦ならぬ、ハロウィーン商戦も真っ盛りです。

ハロウィーンは、子どもの英語教育でも楽しい英語イベントとして気軽に行われています。“べつにキリスト教信者じゃないからクリスマスイベントは行わない”という英語教室の先生も、ハロウィーンなら楽しんでいます。


ハロウィーンはキリスト教の行事ではない

ハロウィーンの時期に教会に行って見れば分かると思いますが、教会には何も飾ってありません。教会の神父さんに尋ねても、「ハロウィーンはキリスト教の行事ではありません。」という答えが返ってきます。つまり、ハロウィーンは“お祭りの一種”ということです。語弊があるといけないので詳しく言いますと、古代ケルト人が秋の収穫を祝うイベントとしてハロウィーンをスタートしたと言われています。詳しくはハロウィーンの起源、仮装する理由もお読み下さい。

ハロウィーンで仮装する意味は?

10月31日の夜は、この世とあの世の境目がなくなり、あの世の悪霊、死者の霊たちがあの世からこの世にやってくると信じられていました。それで、人々はそれぞれ仮装して悪霊たちの目をくらまし、自分に乗り移らないようにしたとか。ハロウィンの疑問に答えます!基礎知識も参考にして下さい。

本格的なハロウィンパレード

KAWASAKI Halloween は、市民参加の大イベント。犬の仮装まである楽しいイベントです。仮装した子どもたちはTrick or Treatを無料で楽しむことができます。原宿表参道ハローハロウィーンパンプキンパレードでも仮装した12歳以下の子どもたちが参加できます。

海外ではかなり突飛なイベントも!

本場アメリカのハロウィーンパレード参加記録の本。仮装イラストが描かれていて楽しい一冊。
本場アメリカのハロウィーンパレード参加記録の本。仮装イラストが描かれていて楽しい一冊。
私が最近読んだ本でCrazy Halloween Night in San Francisco(七草一月:文芸社)に、サンフランシスコのハロウィーンパレードに参加したビックリ経験が書かれていました。サンフランシスコはゲイ同士が結婚もできる寛大な街。ハロウィーンパレードも半端じゃなく、徹底した仮装で参加するらしいです。ユニークな本でしたので、著者の方にコメントを寄せてもらいました。

<七草一月さんのコメント>
10月に入るとこの時期限定の店が突如オープンしたり『今年の巨大カボチャ賞』をめぐって競い合ったり。子ども達は人気キャラのコスチュームに身を包み「Trick or Treat!」の呪文と共にお菓子をゲット!欧米ではファミリーで真剣に遊べる行事、それがハロウィーンです。日本にも『みんなで遊ぼうDay!』がもう一日でも増えたらいいですね。

私はいつも魔女の仮装。それもメイクなしの中途半端な感じです。一度は徹底的に化けてみたいですね。

<関連記事>
・ハロウィーンの起源や意味など

・なぜカボチャのお化けなの?

・ハロウィーンの小道具 目玉だ!
・ハロウィーンの英語絵本」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。