小学校や英語教室で使える!5分間英語ゲームで楽しく学ぼう

英語ゲームアイデア 小学校

小学校で英語教室で使える「5分間英語ゲーム」で英語力アップ

英語教室や、小学校外国語(英語)教育に便利な「5分間の英語ゲーム」を6種類ご紹介します。どれも楽しくて簡単ですよ。
 
  1. アルファベット・クラッピングゲーム
  2. どっかんバグズゲーム
  3. 逆さジェスチャーゲーム
  4. 足し算*引き算ゲーム
  5. 置く場所ゲーム
  6. ワン・トゥー・スリー・ゲーム

また、ゲームの前に「必ず言うセリフ」を決めておくと、クラスのムードが変わります。毎回のゲームのときにチャンツリズムで言うと楽しいですよ!

<かけ声> 
先生:Game, game.
子ども:What’s the game?
先生:「 ゲームの名前 」
子ども:Yes, let’s !
 

アルファベット・クラッピングゲーム

  • ゲーム名:「アルファベット・クラッピング」
  • 内容:リズムに合わせて手をたたくゲーム/Speaking 
  • 言語材料:アルファベットの大文字A~Z
  • 準備:黒板(または、ホワイトボード)に貼るアルファベットの大文字カード 
<How to play>
  1. アルファベット大文字のカードをAから順に黒板(白板)に並べて貼る
  2. 数枚、取り除き、その部分に手のイラストを描いておく
  3. 「A、B、C……」と順に発音していく
  4. 空いた場所のアルファベットの文字を読む代わりに手をたたく(クラップ!)。
  5. 慣れてきたら、複数のアルファベットの文字を取り除いておく。

◎ポイント:
  • 発音するスピードを速くするとゲーム性が高くなり楽しい。
  • 意識的に「A、E、I、O、U」の母音だけ取り除くゲームも学習になってよい。
     

どっかんバグズゲーム

  • ゲーム名:「どっかんバグズ」
  • 内容:正しく聞いて、消しゴムを取るゲーム/Listening
  • 言語材料:butterfly(ちょうちょ)、caterpillar(毛虫)、worm(みみず)、snail(カタツムリ)、spider(クモ)の5種類
  • 準備:ペアに消しゴム一個
<How to play>
  1. 二人一組になって、真ん中に消しゴムを置く
  2. 先生の言った英語をよく聞いて、「虫」だったら消しゴムを取る
  3. 「虫」以外だったら取らない。間違えたら-1点
  4. 早く消しゴムを取った人が1点ゲット
  5. 7点先に取った人が勝ち。

◎ポイント:
  • 教師は「動物」と「虫」をうまく混ぜて言う
  • 途中まで似たような発音の単語を出すと楽しいでしょう
    例:snake-snail, cat-caterpillarなど。
  • 5種類覚えたら、さらに5種類を付け加えていくとボキャブラリーが増えます
 

逆さジェスチャーゲーム

  • ゲーム名:アクション&スポーツのジェスチャーゲーム」
  • 内容:逆さジェスチャーを通して発話するゲーム/Speaking
  • 言語材料:(Let’s play) tennis, soccer, basketball, dodge ball, baseball, table tennis, golf, volleyball, etc……
  • 準備:スポーツの絵カード
<How to play>
  1. 男女の2チームに分ける
  2. 男子A、女子Bをそれぞれのグループの前に立たせる
  3. 教師がスポーツのカードを持って男子A、女子B以外の児童に見せる
  4. 見せるときには「Let’s play …….」と言ってカードを頭上に掲げる
  5.  児童たちはカードに書いてあるスポーツのアクションをする
  6. 男子A、女子Bはみんなのアクションを見てスポーツ名を言う
    出来れば、「Let’s play soccer.」というように文章で答えるといい
  7. 早く言えたチームに1点ずつ入る。10点先取で勝ちが決定する
 

足し算*引き算ゲーム

  • ゲーム名:「足し算*引き算」
  • 内容:正しく数字を聞き取り、計算して答えるゲーム/Listening, Speaking
  • 言語材料:Numbers, 1 ? 12, plus, minus, is
  • 準備:先生が読む数字シート
<How to play>
  1. 最初は教師が例を見せる
    「One plus one is … … two !」
  2. 慣れてきたら、「One plus two is ( 3 )」
    ( )の部分を児童が言う。
  3. この活動をゲーム化する
  4. 先生:「One plus four is (   )」
    児童:「Five ! 」
  5. さらに慣れてきたら、3人グループにしてゲーム化、得点を競う。

<Number Sheet>
  • 1+2=(3) One plus two is ( three ).
  • 3+1=(4) Three plus one is ( four ).
  • 1+1=(2) One plus one is ( two ).
  • 5+2=(7) Five plus two is ( seven ).
  • 4+3= (7) Four plus three is ( seven ).
  • 6+4=(10) Six plus four is ( ten ).
  • 5+3=(8) Five plus three is ( eight ).
  • 2+7=(9) Two plus seven is ( nine ).
  • 1+9=(10) One plus nine is ( ten )
  • 4+2=(6) Four plus two is ( six ).
  • 10-6=(4) Ten minus six is ( four ).
  • 7-4=(3) Seven minus four is ( three ).
  • 11-6=(5) Eleven minus six is ( five ).
  • 12-4=(8) Twelve minus four is ( eight ).
  • 9-8=(1) Nine minus eight is ( one ).
 

置く場所ゲーム

  • ゲーム名:「On and In」
  • 内容:正しく聞いて、置く場所を判断し、行動するゲーム/Listening
  • 言語材料:Jelly in the bowl, in, on, in the pocket, on the table, on the desk, on the head 
    ※既習の事項を入れて応用もできる
  • 準備:お手玉など。手軽なのは消しゴム

<How to play>
  1. 「♪Jelly in the bowl」の歌でアクションをする。in the bowl, on the dish,
  2. 児童が消しゴムを持つ
  3. 教師が「in the pocket.」と言ったら、児童は消しゴムをポケットに入れる
  4. 教師が「on the desk.」と言ったら、児童は消しゴムを机の上に置く
  5. 何回か繰り返し、時間がくれば終了

◎ポイント
  • 教室全体を使って動きがある動作を作り出すと良い

<色々な表現>
ON
  • on the desk
  • on the chair
  • on the floor
  • on the blackboard
  • on the pencil
  • on the hand
  • on the head
  • on the shoulder
  • on the nose
  • on the knee
IN
  • in the pencil case
  • in the pocket
  • in the bag
  • in the hand
  • in the drawer
  •  

ワン・トゥー・スリー・ゲーム

  • ゲーム名:「1-2-3 Game」
  • 内容:早く相手のカードの英語を言ったほうが、そのカードをもらえる/Speaking
  • 言語材料:数字、動物、色、食べ物など
  • 準備:トランプ(数字)、または、各種絵カード(動物、色、食べ物など何でもよい)
<How to play>
  1. 対戦ゲームなので、1:1で行う場合は、それぞれの子どもが絵カード10枚をもつ
  2. 「ワン・トゥー・スリー!」とお互いに言いながら、絵カードを出す
  3. 相手の出した絵カードを見て、その英語を言う
  4. 早く言えた方が、その絵カードと自分の絵カードをもらう
  5. 最初の10枚の手持ちのカードがなくなり、取った絵カードの多いほうが勝ち

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。