いろいろあります!子ども用英語検定


英語教室、学習塾などで英語を習う子どもの数が増えています。これは、来年2011年度から本格スタートする小学校での英語教育が背景になっているからでしょう。保護者たちも英語を習っておくとよいと感じ始めているようです。今回の記事は子ども用英語検定に焦点を当てたいと思います。

子どもの英語検定というと有名なところでは児童英検です。合否はありません。本来子どもの英語教育は試験に受かるための学習ではありませんね。この試験を受けてもらう目的としては、今の実力を測ったり、英語学習への動機付けとなることです。子どもたちに英語学習を楽しんでもらうための道具という感じです。1994年からスタートして以来多くの子どもたちが受けています。

いろいろな子ども用の英語試験。どれを受ける?


ここに並べてみましょう。

・児童英検
・国連英検ジュニア
・JAPEC児童英検
・ケンブリッジ国際児童英検
・TECS英語コミュニケーション技能検定試験
・ACETテスト
・子どものための基礎英語検定
・ヤマハ英語グレード
・ランドマークイングリッシュ
・TOEIC Bridge

いろいろありますね。いくつかの機関に取材をしましたのでそれぞれを簡単にご紹介しましょう。