イースターはキリスト教でもっとも大切なお祭り

春の西洋圏のお祭りであるイースター(Easter)は、日本ではあまりよく知られていない行事かもしれませんね。キリスト教では、イエス・キリストの生誕祭としてクリスマスを大々的にお祝いしますが、イースターは、十字架にかけられたイエス・キリストが三日目に復活したことを祝うという意味で、もっとも大切な祝日と言えるでしょう。日本語では「復活祭」と訳されることが多いようです。

イースターはいつお祝いされる?

ea

Easter egg

イースターは、毎年同じ日に祝われるお祭りではありません。「春分の日から数えて最初の満月の次の日曜日」と決められています。

上の日本語を英訳してみましょう!
Easter is not held on the same date every year.  It is celebrated on the first Sunday, following the first full moon, after the Spring Equinox.

イースターエッグとは

復活祭に欠かせないのは、イースターエッグ(Easter egg)です。イースターや春を祝うために特別に飾り付けられた卵です。 本来は、ゆで卵を染めたり塗ったりして使いますが、今日では、チョコレートやジェリービーンなどのお菓子で代用される事が多いようですね。

イースターエッグはいろいろなところに隠され、子ども達がそれを探すという習慣があります。クリスマスカードならぬ、イースタカードが交換されることもあるんです。

ガイドがイギリスに留学していた時も、イースター休暇なるものがありました(もっともガイドは学期末エッセイに追われていたため、まったくもって休暇らしい過ごし方は出来ませんでしたが)。

クリスマスと同様、イースター休暇は、家族や親戚とともに過ごす大切な休暇として認識されています。

イースターバニーとは

eas

Easter Bunny

ハロウィーンほどではありませんが、イースターの時にも、特に子どもたちはうさぎの格好をします。イースタバニー(Easter Bunny)または、イースターヘア(Easter Hare)と呼ばれ、イースターエッグを運んで来る役割があるとされています。

イースターエッグだけでなく、キャンディーなどのお菓子をバスケットに入れて配ると考えられています。

なぜ卵とうさぎでお祝いするの?

これまでお読み頂いたように、イースターは卵とうさぎが象徴とされるお祭りです(Eastre's symbols are the hare and the egg)。なぜこの2つでお祝いするのか、その理由には諸説あるようです。でも、両者ともに「繁栄」のシンボルのため、その結果として「復活」を想起させるからだと一般的には考えられているようです。

いかがでしたか?
日本でも、春先にうさぎやたまごを型どったチョコレートのお菓子を見かけたら、それはイースターを意識して作られたものかもしれません。西洋のお菓子ブランドは要チェックですね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。