春の訪れを告げるイースターエッグの作り方

春の訪れを告げるパステルカラーのイースターエッグ

春の訪れを告げるパステルカラーのイースターエッグ


イースター(復活祭)は日本ではまだまだ馴染みのない行事ですが、欧米ではクリスマスと並んで盛大に祝われる大切な行事です。イースターはその名の通りキリストの復活を祝う日です。しかし春の女神「エオストレ(Eostre)」の名前が語源だと言われるように、暗くて長い冬が終わりようやく春が訪れたことを喜び合う春祭りとしての要素が強いのです。

欧米ではイースターの期間は春らしい素敵なドレスに身を包み、美味しい卵料理や卵型のチョコレートを食べ、子供達は卵を使った遊びを楽しみます。イースターの象徴であるイースターエッグとは卵の殻をカラフルに染めたり、デコレーションしたアートな卵の事です。ここでは簡単に作れる春色のイースターエッグの作り方を紹介します。ぜひお子さんと一緒に作ってくださいね。

<目次>  

文字が浮き出るイースターエッグとは?

文字や絵が浮き出るイースターエッグとは、真っ白なゆで卵を食紅水に漬けると、殻の表面に白い文字や絵が浮き出てくるという不思議なゆで卵の事です。仕掛けは簡単で、実は事前に白いクレヨンで白い卵の殻に文字や絵を書いていたのです。ゆで卵を食紅水に漬けると殻はパステルカラーに染まりますが、クレヨンで書いた文字は蝋が水をはじき白く浮き出るのです。とても単純な仕掛けですが、子どもは白い卵から突然文字が浮き出たと思い驚いてくれるのです。
 

文字が浮き出るイースターエッグの作り方

材料:白い卵のゆで卵、白いクレヨン、食紅、水、あれば酢又はレモン汁

1.ゆで卵の殻に白いクレヨンで文字や絵を書きます。
ゆで卵に白いクレヨンで絵や文字を書きます。

ゆで卵に白いクレヨンで絵や文字を書きます。

 
 
2.水に食紅を加えて色水を作ります。レモンまたは酢などの酸性の物を加えると発色が良くなります。
食紅で色水を作ります。

食紅で色水を作ります。

 
 
3.食紅水に卵を浸けます。時々卵を動かしてムラなく染まるようにしましょう。
約10分でほんのりと色は染まりますが、色を濃くしたい時はできるだけ長く浸けてください。
ゆで卵を色水に漬けます。

ゆで卵を色水に漬けます。

 
 
4.クレヨンで書いた絵や文字は水をはじき、書いていない部分のみ色が染まります。
ゆで卵が染まってきました。

ゆで卵が染まってきました。

 
 
4.好みの色に染まったら卵を取り出し、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ってください。
ゆで卵を色水から取り出し水分を拭き取ります。

ゆで卵を色水から取り出し水分を拭き取ります。

 
 
5.中身を抜いた空の卵を使えば毎年イースターの飾りとして使えますが、小さなお子さんは絵を描く時に卵を握り潰してしまう事があるので、今回はゆで卵を使いました。
小さなお子さんには色を付けた卵にお絵描きさせてあげるのもよいでしょう。
子どもの個性が見られる楽しいクラフトです。

子どもの個性が見られる楽しいクラフトです。

 

イースターエッグを飾って春の訪れを祝うパーティーを開きましょう!

イースターエッグとイースターバニーを飾ってイースターパーティーを開きましょう!

イースターエッグとイースターバニーを飾ってイースターパーティーを開きましょう!


春は新しい命が誕生する季節です。そのためヨーロッパでは鳥の卵と多産なうさぎ(イースターバニー)は生命の象徴と考えられてきました。イースターには卵とうさぎを飾って、春の訪れを祝うイースターパーティーを開きましょう。ちなみにイースターの日は「春分の日(3月21日)以後の最初の満月の次の日曜日」と定義されているため、毎年変動します。ぜひお子さんと春休み中にイースターを楽しんでくださいね。
 

玉ねぎの皮で染める伝統的なイースターエッグの作り方

イースターエッグの作り方 玉ねぎの皮で染める作り方

玉ねぎの皮で染める伝統的なイースターエッグの作り方

最近は卵の殻に絵を描いたり、シールなどを貼ってカラフルにデコレーションするイースターエッグが人気ですが、伝統的なイースターエッグの作り方は玉ねぎの皮の煮汁で卵の殻を赤く染める方法です。玉ねぎを使うので染めた後の卵も安心して食べる事ができます。今年はぜひお子さんと一緒に、安全でナチュラルなイースターエッグを作ってみてくださいね。

イースターエッグは玉ねぎの皮で作る? 伝統的な作り方
 

風船とレース糸で作る!お洒落イースターエッグの作り方

イースターエッグの作り方 風船とレース糸で作る

風船とレース糸で作る!お洒落イースターエッグ

こちらの外国のインテリア雑誌に出てきそうな繊細で春らしい卵型の飾りは、洗濯のりに浸したレース糸を風船に巻き付けて作ったものです。たくさん連ねて壁に飾ったり、1個ずつにリボンをつけて天井からランダムに吊るしたりと色々な飾り方が楽しめますよ。春は淡い色の卵の飾りでお部屋の模様替えを楽しみましょう。

風船とレース糸で作るお洒落イースターエッグ


【関連記事】



【新サービス事前登録のご案内】
オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

自分の経験談をシェアしたい方はこちら
現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。