イースターって?

イースター、うさぎ

イースターではかわいい卵やうさぎのお菓子が使われます

そもそもイースターって何でしょう。イースターとは「キリストの復活祭」です。キリストが死んで3日目に復活したことを祝うお祭りです。

イースターの起源は、古代、ノアの箱舟の登場する聖書の洪水期後より始まっており、日本ではまだなじみの薄いものかもしれませんが、キリスト教ではたいへん重要な日なのです。

カラフルな卵や、うさぎが登場するこのお祭り、気になっている方も多いのではないでしょうか。


2017年のイースターはいつ?

イースターの日は、毎年変わります。「春分の日後、最初の満月の次の日曜日」と決まっています。2017年ですと、4月16日となります。


なぜ、卵?

動かない卵から、生きものが生まれることが、死んだキリストが復活するさまを表していると考えられ、卵もイースターの重要なアイテムとなっています。ゆでたまごにカラフルな色を塗ったものを庭のあちこちに隠し、それを見つけるエッグハントというゲームは、子供たちにとってイースターの楽しいイベントです。


 
 

なぜ、うさぎ?

イースター、うさぎ

うさぎは多産です

うさぎは多産なことから、イースターでは豊穣と生命の象徴として登場しています。うさぎは、肉食動物から狙われる被捕食動物であるため、妊娠サイクルも短く、たくさん子供を産んで種を維持しており、そんな生態が豊かな命の営みや春の躍動感を感じさせ、キリストの復活というお祝いの意味付けに一役かっているからなのでしょう。

イースターのうさぎは「野うさぎ」で、うさぎの食物である草が、春先に茂りはじめ、うさぎも繁殖を始める時期であることからも、春の躍動感とリンクした動物というイメージがあることも理由でしょう。

なお、うさぎが登場するのは西欧のイースターだけで、東欧では登場しません。

古くから、縁起の良い動物として扱われてきたうさぎ。キリスト教の重要な役割を担っていたなんて知ったら、あらためて見直してしまいますね。


楽しみましょう、イースター

イースターには様々な楽しみ方があります。例えば、東京ディズニーリゾートや、ユニバーサルスタジオでは、うさぎが登場するイースターのイベントがあります。

また、各チョコレートブランドでは、うさぎを型取ったチョコレートを発売しています。イースター当日にかぎらずに「春の訪れをお祝いする」という意味で、4月末から5月初め位まで販売されていることが多く、限定チョコレートを楽しむファンも多いようです。

 

イースター時期に、イギリスで買ったお菓子。屋根にうさぎがついています。

イースター時期に、イギリスで買ったお菓子。屋根にうさぎがついています。

また、最近では、日本のスーパーマーケットや雑貨屋でも、卵やうさぎのお菓子など取り扱うようになりました。かわいいアイコンの春のイベント、イースターを、生活に楽しく取り入れられるとよいですね。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。