対岸の姉妹館、薩摩隼人妙見ホテルの湯にも浸かれる!

大きな写真をクリックすると、次の写真に進みます。
妙見館
元湯の窓から対岸の姉妹館、薩摩隼人妙見ホテルを望む
妙見館と対岸の薩摩隼人妙見ホテルは姉妹館です。宿泊者は相互に入浴が可能です。丁度、木造の歩行者専用橋があるので、簡単に行き来できます。

薩摩隼人妙見ホテルの浴場は、巨大な大岩風呂と、露天付き大浴場、そして露天風呂があり、時間帯により男女交代します。夜に全ての浴場に浸かってみましたが、明かりを控えた小さな露天風呂が一番気に入りました。元湯の窓から妙見ホテルが見えるので、元湯に浸かりながら、その時のことを思い出すのも、楽しいものでした。

隣のたじま本館は、チェックイン、アウトともに12時で驚きましたが、妙見館もそれに近い時間に入ることが出来るようです。九州の温泉を一周して鹿児島まで辿り付くと、旅の疲れも蓄積されているもの。そんな時に、24時間に近い滞在が可能な妙見温泉の湯治宿は大変に助かります。今後とも、鹿児島に行く度に利用する予感がしています。

なお、妙見温泉には宿泊者専用源泉めぐり手形「湯路」(ゆ~ろ)があります。他の宿の名湯が気軽に堪能出来ますので、有効活用したいものです。
  • 湯治の宿 妙見館
  • 住所 鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4235
  • 電話 0995-77-2211
  • 日帰り入浴 8:00~21:00 300円 家族湯は一人500円
  • 鹿児島空港から車で約15分
  • Yahoo!地図
【 関連記事リンク 】

妙見温泉たじま本館!湯治の宿で温泉満喫

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。