これぞ掛け流し!湯船に入る湯と同量が流れ去る元湯

大きな写真をクリックすると、次の写真に進みます
妙見館
右上から入る湯量と、左下から出る湯量が全く同じ元湯
妙見館には元湯という浴場があります。温泉好きには無視出来ない名前ですので、真っ先に行きました。源泉が入る量と出る量が全く同じと一目で分かる檜の浴槽は、掛け流しの醍醐味を感じることが出来ます。

湯もフレッシュで、透明感がありますが、率直に言って健康な人が浸かって、面白味を感じる類の湯とは思えませんでした。しかし、神経痛に良く効く湯とのことで、湯治効果は抜群のようです。窓から川を眺めつつ、湯治場風情を楽しめる浴場でした。

今回、急に湯治宿に泊まりたくなり来たので、下調べが十分ではなかったのですが、実は家族湯も二箇所あったとのこと。今度泊まる時は、家族湯にも浸かりたいと思います。

→次ページでは、もう一つの大浴場を紹介します!>>>