草津温泉の定番人気土産 温泉饅頭をピックアップ

湯畑フォト

草津温泉湯畑


各メディアにおいて人気温泉ランキングで1位の常連なのが草津温泉。温泉の泉質や温泉街が素晴らしいのはもちろん、湯畑も圧倒するほどのスケールの大きさを実感できるのも魅力的です。1度は訪れたことがある人も多いであろう草津温泉ですが、草津温泉でお土産の定番といえば「温泉饅頭(まんじゅう)」かもしれません。

ですが、そもそも温泉饅頭とは普通のお饅頭とどう違うのでしょうか?

もともとは、「生地に温泉を使用する」か、または「蒸す段階で温泉を使用する」から温泉饅頭と言われていますが、最近では温泉地にあるから温泉饅頭だというものもだいぶ増えています。

草津温泉において、もはやお土産の定番とも言える存在である温泉饅頭。現在、温泉饅頭を販売しているお店は18軒もありますが、どのお店を選べばいいのか?迷う人も少なくないはず。

そこで、ガイドが草津温泉へ出向き、温泉饅頭の現地調査をしてきました。街で行列の様子や、販売店の様子はもちろん、温泉饅頭を購入していくつか食べ比べをし、おすすめをピックアップしてご紹介します。

 

CMでもおなじみ?本家ちちやの温泉饅頭

ちちや

ちちや外観


ラジオCMでもおなじみ、本家ちちやの温泉饅頭は、草津温泉の温泉饅頭屋の中でも、一番知名度があるお店かもしれません。本家ちちやは、湯畑から草津町役場方向に歩いて1分程のところにある本店、そして湯畑に面したところにある湯畑店、国道沿いにある高原ルート店の3店舗あります。
 
ちちやundefined2色

ちちや食べ比べ


本家ちちやで販売している饅頭は、定番の茶まんじゅうと白まんじゅうの2種類が販売されています。営業時間内であれば、ほぼ蒸したてが購入可能です。
 
ちちやの茶まんじゅう

茶まんじゅう


茶まんじゅうは、黒糖の生地につぶあん。しっとりとしている生地で、あんこはつぶあんですが、つぶがしっかりと感じられるタイプではないので、こしあん派の方でも大丈夫だと思います。
 
ちちやの白まんじゅう

白まんじゅう


白まんじゅうは中に栗が使用されています。こちらに使用されているあんこはこしあん。あんこの甘さはさほど強くはなく、栗を上手に引きたたせています。栗が入った白まんじゅうは人気があるので、土日や祝日ですと午前中で完売する日も少なくないので、帰りではなく早めに購入すると安心かもしれません。

<DATA>
本家ちちや
・本店・湯畑店・高原ルート店 3店舗
公式HP
 

リピーターに人気!亀屋の温泉饅頭

亀屋undefined外観

亀屋


湯畑周辺ではなく、バスターミナル近くの国道沿いにあるお店があるのみの亀屋。ちょっと離れたところにしか店舗がないのにもかかわらず人気な亀屋は、草津温泉のリピーターのファンが多いお店です。ここでは、実際におまんじゅうが作られている様子を間近で見ることができます。また、出来たてをすぐに食べようとすると、亀屋の方がお茶を出して下さりました。
 

亀屋undefinedまんじゅう

亀屋 茶まんじゅう


亀屋では、茶まんじゅうの1種類のみ。1つから購入することができます。添加物を一切使用していないという饅頭は、生地を15時間程寝かせて作られているというこだわりとのこと。他店より厚みのある生地はふわふわだけどもっちり、あんこはつぶあんで甘さは控えめ。あんこがみずみずしく感じられました。口に運ぶとふんわりと黒糖が香り、鼻腔をくすぐります。ぬくもりを感じ、丁寧に作られているのがよくわかるお饅頭でした。

<DATA>
亀屋
・住所:群馬県吾妻郡草津町草津462
・電話番号:0279-88-5304

 

草津名産 花いんげんを使用したお饅頭

清月堂

湯畑から近い清月堂は、お宿まで配達してくれるサービスもあります

草津町役場前と湯畑からほど近い門前通り店と2店舗ある清月堂は、高原でなければ育たない、大粒の花いんげんを使った甘納豆をはじめ、最中や水羊羹など、和菓子が多数販売されています。
 
花いんげん饅頭

花いんげんを使った人気のお饅頭は上品な甘さ

もちろん、お饅頭は販売されていますが、こちらで販売されているものは、花いんげんを使った、ちょっとユニークなタイプのお饅頭です。

皮は薄めですがふかふか、あんはこしあんで、花いんげんの上品な甘さが口の中に広がり、心地よい余韻がしばらくありました。草津温泉で販売されてるお饅頭でこしあんタイプはかなり少ないので、こしあん好きでちょっとアレンジされたものを求めている方には、ぜひ!オススメします。

<DATA>
草津 清月堂
・住所: 群馬県吾妻郡草津町草津25
・電話番号:0279-88-2166

 

なんと!お饅頭にもアウトレットが?

旅館田島屋

旅館田島屋はタヌキが目印

草津温泉バスターミナルの目の前にある旅館田島屋は、湯畑源泉をかけ流しで楽しめる湯宿ですが、こちらのお土産屋さんで販売されている温泉饅頭は、ベーシックな茶饅頭だけではなく、栗きんとんやくるみ味噌味など種類も豊富でバラエティーに富んでいるため、若い世代を中心に人気があるお店です。
 
旅館田島屋の温泉饅頭

店内には定番の茶饅頭だけではなく、くるみ味噌、栗など様々な味の饅頭が並んでいる

なかには、はね出しのアウトレットまんじゅうまで販売されています。アウトレットと言っても、見た目も中身もどこがはね出しなのか、ほとんど見分けがつかない程でわかりません。なのに、お値段は半額!

自分用のお土産や、湯めぐりしながら、ちょっと甘いものを欲した時などにいいと思いました。
 
アイス饅頭

夏季限定販売のアイス饅頭

最近販売し始めた夏限定のアイス饅頭は、ただ饅頭を凍らせたものではなく、特別に皮も餡も製法を変えて作られたものだそうです。フローズンなあんこって不思議な感じもしましたが、実際に食べてみると市販されている堅めなあずきバーのようで、ひんやりおいしいアイス饅頭でした。

<DATA>
旅館田島屋
・住所:群馬県吾妻郡草津町45
・電話番号:0279-88-3392

 

草津温泉で一番人気の温泉饅頭といえば「松むら饅頭」

松むら支店外観

松むら支店

草津温泉にある温泉饅頭は、松むら饅頭が昭和20年、温泉饅頭専門店としてスタートしたことが始まりでした。

湯畑周辺にある本店以外に、国道沿いにも支店がありますが、どちらの店舗でもとにかく大人気で、平日でも午後の早い時間で完売し閉店してしまうことがほとんど。土日や祝日ですと、午前中にお店へ行かないと完売してしまうことが多いそうです。
松むらundefinedまんじゅう

松むらの茶まんじゅう


松むら饅頭は、茶まんじゅうの1種類のみ。ここでもこだわりが感じられます。饅頭が若干平べったいのは、あんをつぶさないようにするためとのこと。薄めの皮はしっとり、あんこはねっとりですが、甘過ぎないけど物足りないわけではない素朴さが感じられるもの。この2つが絶妙なバランスで、一番人気というのがよくわかるお饅頭でした。

<DATA>
松むら饅頭
・住所:群馬県吾妻郡草津町草津389
・電話:0279-88-2042
・定休日:火曜日
※ 水曜不定休
 
湯路広場

湯畑につながる湯路広場


食べ比べてみて実感したことですが、生地、あんこ、大きさがお店によって全然違うもので、どの温泉饅頭も個性があっておもしろいと思いました。基本的には茶まんじゅうはつぶあんのお店が多いのですが、絶対こしあん派!という方は、ご紹介した清月堂富貴堂の温泉饅頭を選ぶと満足できるかと思いますし、

ごま好きならばごま福堂のお饅頭を選ぶといいかもしれません。

温泉饅頭は1個からバラ売りしているお店がほとんどなので、実際に草津温泉へ出かけて現地で食べ比べをし、お気に入りのお店をみつけて、湯旅のお土産にしてはいかがでしょうか?

 

おまけ 温泉饅頭以外のオススメ

湯の花まんじゅう

草津では唯一!ゆもみちゃん焼きを販売する湯の花まんじゅう

バスターミナルから湯畑方面へ1分ほどのところにある湯の花まんじゅう。ここは、温泉まんじゅうだけではなくて、草津温泉観光大使である湯もみちゃんを型どった湯もみちゃん焼きが人気です。
 
秋味限定

ゆもみちゃん焼きの味は季節限定があります 写真はマンゴー

湯もみちゃん焼きは、生地がややもっちりとしています。味は定番のこしあんの他、季節限定の味が並びますが、お店の方いわく、暑い夏に販売される冷たいアイス湯もみちゃん焼きのラムネあんの人気が高いとのことです。


<DATA>
草津湯の花まんじゅう本舗
・住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津43-2
・電話番号:0279-88-7845
公式HP
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。