万座温泉とは

万座温泉中心部

万座温泉中心部に位置する万座プリンスホテル(正面右)と、万座高原ホテル(左側)

万座温泉は標高1800mの山岳温泉で、通年営業している温泉街(複数の宿がある)としては、濁河温泉(岐阜県)とともに日本一の標高を誇っています。ちなみに、通年営業の一軒宿では高峰温泉(長野県、1950m)、夏期営業の一軒宿ではみくりが池温泉(富山県、2430m)が温泉として日本一の標高です。

このような山岳温泉でありながら、各宿の規模は意外な程大きく立派で、しかも大半の宿で露天風呂を完備しているのも特筆されます。

今回は群馬県の山岳温泉、万座温泉を紹介します!


万座温泉の源泉・泉質

旅館万座亭の内湯

旅館万座亭の内湯は、伝統的な雰囲気が好ましい

万座温泉の源泉は複数ありますが、基本的に酸性の硫黄泉で、日本最高の硫黄濃度を検知した源泉もあります。とはいえ、それは源泉での話であり、浴室では適度な硫黄濃度に曝気されています。

白濁の湯が多いものの、万座高原ロッジには湯の色が黄色に見える浴槽もあります。硫化水素が篭らない露天風呂では、特に濃厚な湯が期待出来るので、内湯好きな人でも、意識して露天風呂に入ってみるのがお勧めです。

次ページで、万座温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。