奥飛騨温泉郷とは

平湯バスターミナル

新宿からの高速バスも発着する奥飛騨温泉郷の玄関口 平湯バスターミナル。館内には日帰り温泉施設も入居している

奥飛騨温泉郷は、岐阜県高山市東部の山間部に点在する温泉地の総称です。露天風呂が多い事で全国的に知られる新穂高温泉の他、平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、栃尾温泉を含みます。旧上宝村が高山市と合併した際に、この地域一帯の地名が奥飛騨温泉郷になりました。

新穂高温泉以外の温泉地も、露天風呂が多いのが特徴で、源泉をかけ流しで楽しめる施設が大半。また福地温泉を中心に、飛騨地方の伝統的な建築の宿も多く、他の温泉地には無い独特の風情があります。かけ流しの温泉と伝統建築に、山岳温泉らしい自然環境が加わった理想的な温泉郷の一つといえます。


奥飛騨温泉郷の源泉、泉質

新穂高の湯

代表的な露天風呂 新穂高の湯。湯温が低いので冬季は休業中。

奥飛騨温泉郷には源泉が多数あり、泉質は透明で癖のない単純泉や炭酸水素塩泉が主体。一部には硫黄の香りがしたり、褐色や白濁に濁る源泉を持つ施設もあり、湯の違いを楽しめます。

褐色や白濁に濁る湯は平湯温泉に集中していますが、他の温泉でも散見されます。代表的なものでは、福地温泉孫九郎の褐色気味の湯や、新穂高温泉中崎山荘の白濁気味の湯があります。珍しい色としては、新平湯温泉の奥飛騨ガーデンホテル焼岳に、天然クロレラが含有しているという、やや緑色の「うぐいすの湯」があります。

次ページで、奥飛騨温泉郷の旅館・入浴施設をご紹介します。