湯量とまったり感が違う!うたせ湯付き浴場

大きな写真をクリックすると、次の写真に進みます。
妙見館
ベト付くような湯の濃厚さと、大湯量感が嬉しい
もう一つの浴場は、ひょうたん湯という名称であったようですが、湯船も四角でひょうたんを思わせる物はありません。うたせ湯が付いているので、今ではその名で呼ばれています。

お湯はやや褐色で、その色を見ただけでも濃厚に見えますが、実際に浸かってみると、ベト付くような湯の濃厚さを感じる湯です。見た目の湯量は元湯と変わらないのですが、湯が勢い良く入れられているせいか、肌で感じる湯量感は圧倒的で、浸かっていて実に気分が良くなる湯です。

ついつい浸かりたくなる湯、長湯したくなる浴場があることは、温泉の滞在に欠かせません。その意味でこの湯は、まさに最適な湯でした。

→次ページでは、姉妹館での入浴を紹介します!>>>