活火山の島、サントリーニ

写真をクリックすると次の写真に進みます
フィラの街並み
サントリーニ島で最大の街、ティラの街並み。断崖絶壁の上に白い稜線を描いている。©牧哲雄


サントリーニ島をGoogle MapやGoogle Earthで見ると、島が三日月状になっているのがよくわかる。
 ■サントリーニ島:Google Map
 ■サントリーニ島:Google Earth

実はサントリーニ島は島自体が火山で、水中には山があり、頂上の噴火口だけ水面に突き出す格好になっている。まん中のネア・カメニ島は活火山で、いまだ活動を続けている。

この火山は昔から数千年おきに噴火を続けているようで、特に紀元前15~17世紀前後に起きた噴火は規模が大きく、このとき山が吹き飛んで現在のような形になった。

1956年、この火山はふたたび大噴火を起こし、街は壊滅状態に。実は現在の街並みはそれ以降にできた、新しいものなのだ。

アクロティリ遺跡とアトランティス伝説は次のページへ。