世界も注目! 藤の絶景を見に行こう

4月下旬から5月にかけて、薄紫色や白色の花を咲かせる藤。中でも藤棚からたくさんの花が垂れ下がるさまは春から初夏の風物詩として、人々の目を楽しませてくれます。

栃木県足利(あしかが)市にあるあしかがフラワーパークは、首都圏からもほど近く名前の通り多種多彩な花を楽しむことが出来るテーマパーク。園内各所にある藤が見頃を迎えると、藤のトンネルを歩いたり、1本の木から広がる広大な藤棚を望むなど、ここでしか見られない風景を楽しむことができます。

今回はゴールデンウィークのお出かけにぴったりな場所として、あしかがフラワーパークの藤をご紹介しましょう。

<目次>

 

世界も注目!美しい藤の絶景を堪能できるあしかがフラワーパーク

あしかがフラワーパーク

藤の花が出迎えてくれるあしかがフラワーパークの入口(正面ゲート)(2014年5月2日撮影)

あしかがフラワーパークYahoo! 地図情報)は、1997年にオープンした栃木県足利市にある花のテーマパーク。東京ドームのグラウンドを7個入れてもまだ余る9万4000平方メートルという広大な敷地の中では1年中花が咲いており、花の風景を目当てにたくさんの人が訪れます。
あしかがフラワーパークの藤(1)/大藤

あしかがフラワーパークの目玉となる樹齢約150年の大藤。その巨大さと美しさに圧倒されてしまいます!(2013年5月5日撮影)

ゴールデンウィークをはさむ4月中旬から5月にかけて、あしかがフラワーパークの目玉ともいえる藤の花が見頃となります。
あしかがフラワーパークの藤(2)/大長藤

花房が1.8メートルまで成長するあしかがフラワーパークの大長藤(2013年5月5日撮影)

特筆すべきは栃木県天然記念物に指定されている4本の藤の巨木。「迫間(はさま)のフジ」と呼ばれる2本の大藤と大長藤、八重藤が、それぞれ大きな藤棚を作り出しています。
あしかがフラワーパークの藤(3)/大藤

2本の大藤が生み出した世にも美しい藤のトンネル(2013年5月5日撮影)

2本の大藤は樹齢約150年に至る古木で、足利市内の別の場所にあったものを細心の注意の元にあしかがフラワーパークに移植したもの。移植後も元気よく成長し、現在では広さ1000平方メートルの藤棚をめいいっぱい使って花を咲かせており、世にも美しい藤のトンネルを見ることができます。

この藤の木の姿が映画『アバター』に登場する木に似ていると話題になり、2014年にはアメリカのニュース専門放送局CNNが「世界の夢の旅行先」の一つとしてあしかがフラワーパークを選出しました。日本国内では唯一選ばれており、世界的にも注目の絶景ということですね。

 

350本以上の藤が園内を彩ります!

あしかがフラワーパークの藤(4)/八重藤

世界的にも珍しい藤の品種、八重藤(2013年5月5日撮影)

あしかがフラワーパークには、実に350本以上の藤が咲き誇ります。これだけの藤が揃っている場所は日本国内では類を見ません。
あしかがフラワーパークの藤(5)/むらさき藤,うすべに藤,きばな藤

あしかがフラワーパークを彩るむらさき藤,うすべに藤ときばな藤(2013年5月5日撮影)

先にご紹介した大藤、大長藤、八重藤以外には、紫色の「むらさき藤」と薄紅色の「うすべに藤」、白色の「白藤」や鮮やかな黄色の「きばな藤」が咲きます。
あしかがフラワーパークの藤(6)/白藤

大藤より若干遅く見頃を迎える白藤のトンネル(2013年5月5日撮影)

開花時期が異なるため、「白藤」や「きばな藤」は大藤よりも見頃が若干遅め。どちらも藤棚をトンネルに見立てて、花を見上げながら歩けるように趣向を凝らしています。

園内を歩いていると、時折ほんのりと藤の花のやさしい香りが漂います。藤の花に香りがあるというのをガイドはここで初めて知りました。たくさんの藤があるあしかがフラワーパークだからこそ可能となる体験ですね。


 

藤以外の花も美しく咲き誇ります

あしかがフラワーパークのツツジ

色鮮やかなツツジもあしかがフラワーパークを彩ります(2014年5月2日撮影)

藤が咲く頃にあしかがフラワーパークの園内で咲く花の一つがツツジ。5000本以上植えられており、園内の各所で色鮮やかな花の風景を楽しめます。藤とツツジを同時に愛でることができる所もたくさんありますので、お気に入りのアングルを探してみるのも良いでしょう。


さて、あしかがフラワーパークには、今までご紹介したものよりもさらに素晴らしい絶景があります。見た人を釘づけにするその絶景は次ページにて詳しくご紹介します。