タイミングを調整したいサプリ

タイミング
目的と成分に合わせて、タイミングを逆算しましょう
基本のサプリメントの摂り方が分かったところで、応用編。タイミングを限定して効果を得たいサプリメントの場合です。

特定の効果をタイミングよく発揮させたい場合には、効果を発揮させたいタイミングから逆算してサプリを摂るようにします。いくつか例を挙げてみましょう。

・ダイエットのために満腹感を感じさせる食物繊維 : 食前30~60分前
・眠りに入りやすくするハーブ・アミノ酸 : ベッドに入る30~60分前
・運動時のアミノ酸・ビタミンB : 運動の30~60分前
・食後の糖・脂肪の吸収を穏やかにする成分 : 食後すぐ

基本的に、水溶性の成分は60分程度で体の中に行き渡ります。一方、脂溶性成分は、数時間かかります。目的と摂るサプリの性質に応じて、最適な利用時間を見つけてみてください。

同じサプリでも、摂るタイミングによって効率が違ってきます。同じ摂るなら、無駄なく効率的なタイミングで利用したいですよね。成分と目的を考えながら、自分のベストタイミングを探してみましょう。


【関連リンク】
ベストサプリを探せ!裏書の読み方
若さはお金で買える!?オーダーメイドサプリ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。