どうケアする? 更年期

更年期
お悩みは人それぞれ
更年期と言うと、閉経前後の4~5年をイメージしてしまいがちですが、実は、更年期とは閉経を迎える前後10年と言われているのです。閉経となる時期は個人差が大きく、50才をピークに45~55歳に集中しています。早い人は30代後半から更年期に入ってしまうかもしれないのです。
閉経後の10年は自分でもわかりますが、いつから閉経前の10年に入ったかなんて、気付かずに過ごしてしまいがち。そのため、色々な身体的・心理的な変化を「ただの疲れ・ただの体調不良」と思って、適切なケアができずに過ごしてしまうこともあるのです。

更年期障害とは、性ホルモンが減っていく時のホルモンバランスの変化に体が追いつけず表れる症状の総称。更年期障害の症状は、男性と女性で差がありますが、女性の方がひどい症状に悩まされる方が多いようです。
女性の更年期障害として代表的な症状は、ほてり、疲労感、動悸、生理周期や量の変化、不眠、イラつき、不安など。この他にも色々な症状が表れるので、更年期障害とは気付かないまま悩んでしまうこともあるようです。

どんな治療法やサプリメントを使っても、女性ホルモンが減っていくのを止めることはできません。でも、そのスピードを緩やかにしたり、症状を緩和することで更年期を快適に過ごすことはできるのです。

更年期を快適に過ごす方法の一つとして、サプリメントがあります。ホルモンバランス改善パワーが注目されている大豆イソフラボンを始めとして、女性の更年期向けのサプリメントは色々な製品があります。色々ありすぎて何がよいのかわかりにくくなっていますが、大きく分けると3つのタイプがあったのです。
お悩みや症状の度合いに応じて、自分に合ったアプローチはどのタイプか探ってみましょう。

■次のページで、あなたにピッタリのサプリをチェック!
更年期のトラブルを緩和するサプリ →2P目へ
女性ホルモンに似た成分を補うサプリ →3P目へ
女性ホルモンの減少をゆっくりにするサプリ →4P目へ

それぞれ特徴が違うので、自分の身体の状態に合わせて選び、身体と相性の良いものを見つけたいですね。
まずは、更年期のトラブルを緩和するサプリから。