ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸の名前は多くの方が耳にしたことがあるでしょう。でも、ヒアルロン酸がどんなものかは、意外と知らないのでは?

赤ちゃん
赤ちゃんの肌は潤いたっぷり
ヒアルロン酸は、ムコ多糖類と呼ばれるお肌の奥のクッションの働きをしている成分の一種です。といってもピンとこないかもしれませんが、ヒアルロン酸は私達の体の中で潤滑油や保湿剤の働きをしてくれています。つまり、ヒアルロン酸が肌の中に沢山あれば、プルプルのお肌でいられるのです!しかし、残念なことに歳を重ねるにつれその量は減って今います。
ヒアルロン酸は私達の体の中で柔軟性や潤いが必要な部分に集まっています。例えば骨と骨のつなぎ目である関節や、粘膜、など。また、赤ちゃんの体やヘソの緒には沢山のヒアルロン酸を持っています。赤ちゃんのヨダレは大人のものと比べてヒアルロン酸の量が多いので粘り気がありますよね。

さて、その保水能力は驚くほど高いのです!たった1gのヒアルロン酸が吸収&保持できる水の量は、その6000倍にあたる6L!ものすごく潤い(水分)を保つ力が強いことがわかります。

歳をとると共に減ってしまうヒアルロン酸ですが、後から補うこともできます。医療用としては関節への注射、美容整形では深い皺へ注射、そしてサプリメントです。
サプリメントは、病院で注射してもらうのに比べてピンポイントでの即効性はありませんが、簡単で低価格なのが魅力です。また、サプリメントとして内側から補うことで、局所的にではなく体全体の潤いをUPすることができるのです。
ヒアルロン酸は比較的短時間で効果を確認できる成分なので、早い人では翌日、遅くても1ヶ月程度続ければサプリメントとの相性を確認できますよ。

ヒアルロン酸を多く含む食品の代表は、鶏の鶏冠(とさか)。サプリメントの多くは鶏冠を材料に作られています。サプリメントに抵抗がある方は、鶏料理専門店などで鶏冠がメニューにあったりするので、お試しください。

ヒアルロン酸を含んだサプリメントは色々なところで目にするようになりました。しかし、ヒアルロン酸自体が高価な原料であるため、ほんの少ししか入っていない(しかも含有量を明記していない)製品もあったりします。
しっかり裏書きをチェックして、上手に選んでくださいね。


【関連リンク】
・All About >> 家庭の医学 >> コラーゲンとヒアルロン酸注入は効果的か?
・All About >> 家庭の医学 >> ヒアルロン酸とコラーゲンを含む食材!
教えてヒアルロン酸

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。