春夏秋冬、一番気になるのはダントツお腹!

食べ物が美味しい季節には困ることもあったり……
“食欲の秋!”の到来は美味しいもの好きの女性にとって嬉しい限り。しかし、美味しく食べた後、ふと気がつくとポッコリしたお腹が……。そんな時、「あー、またやってしまった!」と感じる人も少なくないのでは?

一年で一番美味しいものをいただけるせっかくの季節なのに、必ずついてまわるそんな気分は悲しい限り。だからと言って秋の味覚をあきらめるなんて、それこそ難しいのでないでしょうか。

だとしたら、残された道はただ一つ! 体を動かしてカロリーを消費するしかありません。そこでお腹をヘこませるのに大変おすすめなのが、ピラティスのハンドレッドという腹部を引きしめるエクササイズです。

たるんだお腹の撃退法を知れば、美味しい秋の味覚を思う存分堪能できる(?)かも!


ペッタンコお腹をつくる 「ハンドレッド」(初級編)

というわけで今日は、へこんだお腹をつくるピラティスエクササイズ、『ハンドレッド』の初級編をご紹介します。たるんだお腹をへこませるのはもちろん、継続すればうっすらと腹筋が見えてくるのだってゆめではありません。このエクササイズで、女性らしく引き締まったお腹を目指しましょう!

ハンドレッドの完成形は大変ハードで難しいエクササイズなので、今回は負荷を少し軽くした初級編にトライしてみましょう。一度に何度も行うより、少しずつでもいいから長く続けることがボディ・メイクの成功の秘訣!へこんだお腹をイメージしながら早速お家でトライです。


このエクササイズは腹部の強化を目的としているので、力んだりして首や肩などに余計な負担をかけないよう注意しましょう。間違った方法で何回も行うより正しいフォームで正確に行うことが重要です。また、初級編といっても大変ハードなエクササイズになっています。回数などは無理しないよう気をつけましょう。

※ピラティスをはじめて行う方は、「ヨガ・ピラティスを始める前の3つのポイント」を読んでから始めましょう。
※呼吸法は「そもそもピラティスって何?」をご覧ください。


それでは早速次のページから、エクササイズのやり方をご説明します!