玄関先での訪問時のマナー

ご招待下さった方に、感謝の気持ちが伝わり、失礼もないよう、チェック事項は沢山あります

お子様のお友達ママ、お稽古仲間、お引越し先のご近所の方、会社の先輩、ご主人の上司のお宅、……etc. この春、新しく知り合った方から、ご自宅にご招待頂いてはいませんか?

ただ、「おみやげをお持ちすれば良いんじゃないの?」とお思いの方、次のページからの訪問のマナーを心に留めて下さい!

あなたのさり気なく上品な振る舞いは、ご招待下さった方に素敵な印象を残すことでしょう。
   

訪問時の時間と手土産、靴の脱ぎ方

訪問時の手土産

日持ちする物や、当日に召し上がって頂く物、おみやげ選びはあなたのセンスの見せ所です

■おみやげの中身
訪問先の家族構成やお好みを考えて、賢く選びたいもの。

お子様がいらっしゃるのでしたら、大人も子供も一緒に楽しめる物や、また、大人は大人、子供さんには別に子供向けのおみやげをご用意しても!

■「お持たせ」…… って?
「お持たせ」とは、頂いた側の方が「おみやげ」を丁寧に言う言葉です。ですから、「お持たせをどうぞ」などとは決して使わぬように。

おみやげをご一緒に召し上がる場合、その場にはいらっしゃらないご主人様の分もご用意して行くのは、うれしい心配りですね。
「こちらは、ご主人様がお帰りになったら、ご夫婦で召し上がって」
など、気が利いています。

■買わない方が良い場所とは?
事前に伝えていないのでしたら、訪問先のご近所での購入は準備感ゼロなので避けましょう。

■靴を脱ぐのでしたら……
ストッキングのつま先や、ペディキュアにも気を配っておきましょう。

■約束の時間
個人宅へは、約束の時間より数分~10分程遅れて到着しましょう。お客様をお迎えする準備が整っていない内に訪れるのは、マナー違反。早めに着いてしまっても、時間をつぶす位の心づもりで!
 

訪問時の玄関先でのマナー

靴を脱ぎ、スリッパを履き、そして靴を揃える…… この一連の動作を流れるように行なうのがポイントです
■ご挨拶
お招き頂いたお礼は、必ず伝えたいもの。

■靴の脱ぎ方 NG&GOOD 
家の方に背中を向けて脱いだりしていませんか? レディとしては、これは絶対NG!
正面を向いて靴を脱いで上がり、次に斜めの向きで膝を突き、靴をクルッと回し隅に置きましょう。

■おみやげは?
すぐに冷蔵庫に入れて頂く物以外は、玄関でお渡ししません。
 

訪問時の家の中でのマナー

■改めて ご挨拶
お部屋に通されたら、ここでも改めてご挨拶します。その際には
「静かで良い所ですね」
「素敵なお部屋ですね」
など、場所や相手のセンスを褒める言葉も、お伝えすると良いでしょう。

■こちらでおみやげ、です
ご挨拶の後、おみやげをお渡しします。選んだ理由をさり気なくお伝えして!

■ 和室の場合
上座を勧められるまで、下座で座ってお待ちします。その際、座布団から外れて座ります。

お部屋でのご挨拶と、おみやげをお渡しする際も、座布団には座らずに!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。