快適なホテルライフのためにも、チップは必要ですね

海外旅行 チップとは


日本以外では、チップ制度のある国はとても多いですね。そのような国に於いては、チップは当然の報酬ですので、迷うことなくお渡しできると素敵です。

基本的には、『やって頂いたサービス』に対してチップを渡しますが、『これからお世話になるため』に渡しておく場合もあります。

日本とは異なり、封筒などに入れずに現金をそのままお渡しするのが通常です。いつでもすぐ渡せるように、想定の金額を予め用意しておくことも大切です!

ホテルでのチップの渡し方

■ルームキーパーへ
何かを運んで来て頂いたり、特別に世話を掛けた際は、プラスαで。但し、小さい小銭ばかりですと、余ったお金を渡しているようで失礼ですので、気をつけましょう。

日本人にありがちな、『枕の下』へ置くことはお避け下さい。ルームキーパーにとってチップは当然の報酬ですので、はっきりわかる場所、サイドテーブルの上などに置きましょう。その際、「Thank you」などお礼の言葉を書いたメモなどを添えれば、さらにGOOD!

治安の良くない地域では、チップを忘れると盗難などの犯罪に繋がりかねません。どうぞお忘れなく!

■ドアマン、ポーターへ
ホテルに到着した際、玄関からロビーまで荷物を運んでくれる係の方がドアマン。そして、ロビーからお部屋まで運んでくれる係がポーターです。この二人には別々なチップが必要になります。


サービス料が含まれているかいないか、レシートでしっかり確認しましょう

レストランでのチップの渡し方・相場

サービス料が含まれていたら必要ありません。二重に支払っている場合もありますので、レシートを良くチェックして下さいね。

ファーストフードのような、ご自分で運ぶ飲食店では、チップは不要と言われていますが、国によっては、現地の方などが1$程度置いて行くこともあるようです。

■誰に?
飲食店では、各テーブルの担当者が決まっていることが多いですので、ご自分のテーブルの係りの方に対して差し上げます。

■いつ、どのように?
テーブルの上に置いて帰ればOK。レシートを持って来てくれたトレイなどで、紙幣をちょっと押さえても良いでしょう。

カード払いの場合は、サービス料やチップの欄があればそちらに金額を記入します。

■おいくら?
飲食料金の約10~15%位を目安に。

タクシー、ホテルやレストランの化粧室でのチップの渡し方

■タクシー
料金の15%位が相場ですが、訪れる国のチップ事情を確認して下さい。また、トランクに荷物を運んでもらった場合なども加算します。

■ホテルやレストランの化粧室
係の方が、気持ち良い空間をキープしてくれ、また、サッとタオルを手渡してくれたりしますね。そんな場合は、チップを差し上げて。


チップは、国によって相場も変わってきますので、行かれる前にきちんとチェックしておきましょう。

また、チップはやって頂いたサービスに対して支払う報酬です。サービスが悪く不満な場合まで支払う必要はありませんので…… 念のため!


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。