タクシー/乗り合いバス(Shared Vans)に乗ったときにチップを渡す

アメリカのタクシー

運賃が安ければ少し多めにチップを足すのがエチケット

タクシーの場合はメーターに表示されている運賃に、乗り合いバスの場合は行き先エリアまでの運賃に15~20%(各国での相場は、別途、確認することをおすすめします)を上乗せして支払います。これも同じく、荷物の積み降ろしをしてもらった場合は多めに、などサービスの善し悪しで加減しましょう。

おつりをそのままチップとして渡す場合は、支払いの際にこう言います。

"Please keep the change. "
"I don’t need change. "
「おつりは取っておいて」

おつりを全額渡すと多すぎる場合は、チップを差し引いた残りの金額をおつりでもらうよう指示することもできます。チップの金額を指示するのではなく、自分にいくら戻してほしいかを伝えるのがコツです。

"Please give me $5 back. "
「5ドルおつりをください(=あとはチップとして取っておいてください)」

クレジットカードで支払いたい場合は念のため、下記のように聞いてみましょう。使える場合は、レストランと同じく、請求書のチップの欄に金額を記入、合計を算出してサインすればOKです。

"Do you take credit cards? "
「クレジットカード払いはできますか?」

クレジットカードでチップも含めて支払うと、全体に対して手数料がかかるため、運転手などは現金でチップをもらうのを好みます。運賃はカードで、チップは現金で、という方法でもよいですね。