渋滞などで到着が大幅に遅れる際には、食事の支度でご迷惑をかけることもあります。宿泊先への連絡も大切なマナーです

国内旅行 心付けとは

日本には『チップ』の習慣がありませんね。日常の中で、サービスを受けるためや、サービスを受けたことに対してチップを渡す、ということはほとんどないはずです。

しかし、上手に『心づけ』を渡すことにより、あなたの「ありがとう」という感謝の気持ちや、「面倒をお掛けします」という気持ちがカタチとして相手に伝わる…… これは、とても合理的であり、しかもあなたの気持ちを受け取ってもらえる、非常に有効な手段でもあるのです。

旅館での心付けの渡し方・包み方・相場

宿泊料金には『サービス料』が含まれていますので、基本的には『心づけ』は不要です。しかし……
・ 小さなお子様連れ
・ 団体旅行
・ ご年配の方とご一緒
などで、お世話になることが多い場合は、お気持ちを包んでおくと安心ですね。

ページごとに声や音の録音ができるアルバムで、忘れられない旅の思い出を残しませんか? 画像をクリックして、このトーキングピクチャーの詳細をご覧下さい
■ いつ渡す?
到着後、お部屋で宿帳を記入する際や、夕食の際が自然です。

ご夫婦の場合は、ご主人が宿帳を書いている間に、奥様がお渡しするのがオススメ。実は、ご主人様からお渡しすると、実際にはお財布を握っていることの多い奥様の許可は得てるのか…… と心配になってしまう仲居さんが多いそうです!

ご夫婦ではなくカップルで訪れる際は、どちらがお渡ししても良いでしょう。但し、あまりお若い方が差し上げるのは、かえって不相応に感じさせる、ということも覚えておいて下さいね。

お世話になったら、帰り際にさり気なく…… というのが『粋』とも言われています!

■ 誰に渡す?
部屋に夕食を運んで下さる方が、たいてい客室係として一番世話を焼いてくれる方です。その係りの方にお渡しするのが良いでしょう。

■ どんな言葉と共に?
「子供がおりますので、いろいろご迷惑をお掛けするかと思いますが……」
「本日は大勢でお世話になります」
などが良いですね。

■ おいくら?
目安としては、宿泊料金の10%程~。3万円の宿泊料金でしたら3000円位~、5万円の宿泊料金でしたら5000円位~。団体の場合は、お1人につき500円程~を、幹事さんがまとめてお渡しします。

しかし、あくまでも『気持ち』ですので、金額は人それぞれで大丈夫です!

■ 何に入れて?
熨斗袋に入れたり、懐紙や便箋などに包んでお渡しします。むき出しやティッシュでは失礼ですので気をつけて!



海外旅行にも行かれる方は次のページを!