流行のパンツを着こなすためのふくらはぎの条件

これから暑くなると、肌の露出が増えますよね。今年もハーフ丈のパンツが流行のようですし、自信を持って颯爽と着こなしたいものです。

流行のハーフ丈パンツを着こなすには、やはり「カッコいいふくらはぎ」であることが必須。

カッコいいふくらはぎとは、
1.細いだけでなく、適度に筋肉がついている
2.筋肉はふくらはぎの上のほうについていて、足首はキュッと締まっている
3.スッキリとしてむくんでいない

が条件であると私は思います。

そう、ちょうど跳躍力がありそうで、余分な脂肪のついていない「カモシカ」のような脚です。


目指すはカモシカのような脚

誰もが憧れるのはこんな脚?
では、カモシカのような脚になるにはどうしたらいいのでしょうか。

私は以下のふたつのことが必要だと考えます。

1.自分の体重を使った筋力トレーニング
2.徹底したむくみ対策

まず、1.についてですが、ポイントはウェイトなどを用いず、自分の体重を使うことがポイント。

学生時代、体育会系の運動部でバリバリトレーニングをしていた方には納得いただけると思うのですが、ふくらはぎは比較的筋肉がつきやすいところ。
負荷をかけてトレーニングすると、筋肉がつきすぎて、カモシカ脚ならぬ「シシャモ脚」になりがちなのです。

「シシャモ脚」とは言うまでもなく、「子持ちシシャモのお腹」のように筋肉が張ったふくらはぎのこと。

ふくらはぎのトレーニングは自分の体重を使った、激しすぎないトレーニングが適切です。

2.については、「引力の法則」によりカラダの中の水は自然と下に下がってきます。

つまり、ふくらはぎ・足首はもっともむくみやすい部分なのです。

これを徹底的に防ぐことが、むくみがちな脚をスッキリと見せるコツ。

では、次のページから具体的な方法についてご紹介していきましょう。