足・脚のトラブルにつながる「足裏のアーチ」の崩れ

足裏の状態

足裏の状態

女性の8割は何かしら足・脚にトラブルを抱えていると言われています。 代表的なのは、角質肥厚、魚の目、外反母趾、巻爪、足のむくみ、疲れ、O脚、膝の痛みなどです。

たとえば、角質ケアをしても1ヶ月もすれば同じ所に同じように角質が付いてしまいます。フットケアをしてもエンドレスということになります。原因を知ることが大切です。

足・脚のトラブルの多くの原因は、「足裏のアーチ」の崩れが影響しています。

あまり聞きなれない言葉だと思われますが、土台である足裏は3本のアーチでバランスよく支えられ、立つ、歩く、走るを可能にしています。この3本のアーチのうち1本でも崩れてしまうと、とたんにいろんな足・脚に影響が及び、トラブルが出てきてしまいます。今回は、この足裏のアーチにクローズアップして、お話をさせて頂きたいと思います。

足裏のアーチって何??

足裏の3本アーチ

足裏の3本アーチ

足裏は親指の付け根、小指の付け根、かかと、この3点に重心を置き、つないだ所に程よいアーチを作っています。

一般的には、土踏まずと言われるところは、親指とかかとをつなげている所で「内側縦アーチ」と呼ばれます。

小指からかかとをつないだ「外側縦アーチ」と呼ばれるところは外側に倒れ込まないようにアーチで支えています。

そして、親指と小指をつないだ指の付け根の「横ア-チ」は、歩くたびに関節が当って痛くないようにアーチで盛り上げている所です。

弓状アーチ

弓状アーチ

この3本のアーチが程よい弓状をしていることが大切なのです。

程よいアーチを形成している事により、
  1. クッション機能  →  衝撃を吸収し疲れを予防します。
  2. ポンプ機能 → 血行を促進し、むくみ、冷えを予防します。
足裏のアーチが崩れると、まず足・脚が疲れやすく、むくみやすくなるのです。