「旅行」を表す単語にはtravelとtripとがあり、「どちらも同じ!」と思ってはいませんか? でも、英語のネイティブの世界では、結構大きな違いがあるんです。旅行にまつわる基礎中の基礎であるこの単語を、もう一度見直してみましょう。

travelは実は動詞

journey
ちなみにjourneyは「道のり」とか「行程」というイメージ
Q 海外旅行の後、アメリカ人の知人に「素晴らしい旅行でした」というつもりでIt was a great travel.と言ったら、Trip?と言い直されました。travelとtripはどちらも「旅行」だと思うんですが、何か違いがあるんでしょうか。

A travelは日本人にとってはとてもなじみのある語ですが、実は英語では普段動詞として使われることが多いのです。

■I traveled around Europe.
(アイトラヴェルダラウンドューラプ/ヨーロッパを旅して回りました)

■I usually travel alone.
(アイユージュアリトラヴェルアロウン/普段は一人旅なんです)

名詞のときは基本的にtripを使うと思っておけばOK。特に、1回1回の旅行を指すのに使われます。

■How was your trip?
(ハウワズュアトリプ/旅行どうだった?)

■I'll take a trip to Hawaii.
(アイルテイカトリプトゥハワイ/ハワイに旅行に行くの)

ただし、tripは「(いろいろな)旅」という一般的な意味にならないので、「私は旅が好き」はI like trip.にはなりません。一方、travelは動詞としてのイメージが強いので、I like travel.もイマイチ。では、「私は旅が好き」を果たして英語でどう言えばいいかというと? 次のページで確認してください!