travelとtripの違い

travelとtripの違い

「旅行」を表す単語にはtravelとtripとがあり、「どちらも同じ!」と思ってはいませんか? でも、英語のネイティブの世界では、結構大きな違いがあるんです。旅行にまつわる基礎中の基礎であるこの単語を、もう一度見直してみましょう。
   

travelとtripの違いとは? travelは実は動詞

ちなみにjourneyは「道のり」とか「行程」というイメージ

ちなみにjourneyは「道のり」とか「行程」というイメージ

Q 海外旅行の後、アメリカ人の知人に「素晴らしい旅行でした」というつもりでIt was a great travel.と言ったら、Trip?と言い直されました。travelとtripはどちらも「旅行」だと思うんですが、何か違いがあるんでしょうか。

A travelは日本人にとってはとてもなじみのある語ですが、実は英語では普段動詞として使われることが多いのです。

■I traveled around Europe.
(アイトラヴェルダラウンドューラプ/ヨーロッパを旅して回りました)

■I usually travel alone.
(アイユージュアリトラヴェルアロウン/普段は一人旅なんです)

名詞のときは基本的にtripを使うと思っておけばOK。特に、1回1回の旅行を指すのに使われます。

■How was your trip?
(ハウワズュアトリプ/旅行どうだった?)

■I'll take a trip to Hawaii.
(アイルテイカトリプトゥハワイ/ハワイに旅行に行くの)

ただし、tripは「(いろいろな)旅」という一般的な意味にならないので、「私は旅が好き」はI like trip.にはなりません。一方、travelは動詞としてのイメージが強いので、I like travel.もイマイチ。では、「私は旅が好き」を果たして英語でどう言えばいいかというと?
 

travelingを使いこなそう

「旅行が好き」は、実はI like trip.でもI like travel.でもない?
 ではどう言えばいいかというと、こんな言い方が一般的です。
 
traveling
宇多田ヒカルの歌に「travel」でなく「traveling」というのがあります
■I like traveling.
(アイライクトラベリング/私は旅が好きなんです)

travelingと動名詞にすると「旅行すること」という意味になり、「旅をすることが好き」という感じがうまく出ます(なお、イギリス英語ではtravellingとlが2つになります)。英語にはこのように、「名詞だと思っていたら実は動詞としてよく使う」「名詞として使いたいときは動名詞にするとしっくり来る」という単語がいくつかあります。
 

  ■We went skiing last week.
(ウィウェントスキーイングラストウィーク/先週スキーに行きました)
skiは「スキーの板」のことを指したりします

skiは「スキーの板」のことを指したりします

skiは「スキー」という名詞であると同時に「スキーをする」という動詞です。そして、名詞として使うときは、I like skiing.(スキーをするのが好き)、I enjoyed skiing.(スキーをすることを楽しんだ)のように、動名詞skiingをよく使います。

ちなみに、snowboardも「スノーボード」という名詞であると同時に「スノーボードをする」という動詞で、動名詞snowboardingを使ってI like snowboarding.(スノーボードが好き)のように言います。

■Cooking is fun.
(クキングィズファン/料理は楽しい)
cookは名詞だと「料理人(いわゆるコック)、料理をする人」で、動詞で「料理をする」です。Cook is fun.だと「コックは楽しい」(?!)になってしまうので、「料理は楽しい」と言いたいなら、Cooking is fun.としなければなりません。

このほか、dive(ダイビングをする)/diving(ダイビング)、sail(航行する)/sailing(航行)なども、典型的な「動詞/よく使われる動名詞」の例です。動名詞は慣れないと言いづらいかもしれませんが、試しにI like traveling.から使ってみてください!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。