テクニック3:仕草を変える
あなた自身の仕草を、彼の気になるダメ仕草と、同じ仕草をして、相手の反応を見ましょう。少し大袈裟なくらいが彼に気付いてもらえるポイントです。彼が、アナタの仕草に気が付き、アナタの行動に文句をつけたとき、「アナタだってやってるわよ」なんて言ったらTHE ENDです。決して言ってはならないセリフです。

「ごめんなさい。ちょっとイライラしちゃって。アナタはそんな時ない?」などといいます。まずは自分の仕草を謝る。次に直したいのだけれど、どうしたら良いか案をもらう。この課程を踏むと、彼自身も、このような仕草をしていることに気が付くのです。まずは、彼に「気付いてもらう」ことからはじめましょう。


広い心をもって!

本当に好きな相手なら、何をやっても、基本的に許せるはず。

恋は思考カイロを正常に働かせることを不可能にさせてしまいます。冷静だったら気になる仕草も相手が好きだと気にならなくなるものです。しかし、恋愛期間が長くなると、思考回路が正常に働き始めて、冷静になり、彼の仕草が気になり始めるケースがあります。

上記のテクニックを使ってみても、どうしても許せない場合は、距離を置くのも手かもしれません。

彼の仕草
彼の欠点よりも良い点を見ることも必要
気になるところって、「クセ」の部分も大きいから、相手にしたら直すのが大変な作業。でも、アナタ自身の心や見方を変えて接すると、意外と気にならなくなるケースもあります。

彼のダメ仕草よりも、彼の長所の方が魅力的だったら、許してしまうのもアリなのでは。

また、彼のダメ仕草は、自分の仕草を再チェックするよい機会となります。他人のことを非難して、自分の仕草は大丈夫? 仕草の美しいオンナと、仕草の美しいオトコはひきつけあうものですよ。



広い心で彼に接して。アナタ自身の仕草を磨きましょう! 彼の仕草もそれに伴い変化するはず。



【オススメ記事】
姿勢で伝える……恋するヒトへのアピール法
お似合いの秘訣…彼と絵になるテクニック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。