まずは「待つ姿勢」で臨む!

自分を変える
自分の見方を変えたらラク。
さて、最初に調教しちゃいましょう!と書いておいてですが……。基本的に相手を調教する、変えることなんてできないと思って下さい。

「長坂、嘘つき!」っていう声が聞こえてきそうで、怖いのですが、他人を変えたいならマズ、自分が変わること。なのです。

そのほうが、結果が出るのが早い。彼だけではなく、育児や職場の人間関係にも当てはまります。自分の価値観を相手に押し付けても受け入れてくれる確率は低いのです。「攻め」から「待ち」の姿勢へあなた自身変化するのです。


自分を変える具体的な方法は、自分の心の持ち方、見方を変えることです。そうすると、相手のメンツをつぶす事無く、自分が変化してお互いの仲が深まる事でしょう!

心の持ち方、見方をかえることを念頭に、アナタの振る舞いを変えるポイントは下記の3点です。


テクニック1:環境を変える
例えば、食べ方が気に食わない場合。いつもカジュアルなお店でお食事しているのであれば、少し格式ばったシックなお店でディナーの時間を設けてみます。

シックな場には相応しくない食べ方や振る舞いだったら? アナタが注意しなくても彼は自分で気が付いてダメ仕草を改めるでしょう。

テクニック2:言葉を変える
「アナタのこういう仕草キライ」とストレートに相手が傷つく言葉を言うのではなく、その動作に対して、良い言葉を投げかけてみましょう。

褒めて気を悪くする人はいません! でも、悪い所を褒めるって難しいんですが。「アナタの貧乏ゆすりって最高!」こんなイヤミな褒め方では二人の仲が険悪に。「脚を揺らすと疲れが取れるらしいのよ。疲れてるのかもね。マッサージしようか?」褒めてるわけではないけれど、相手の仕草に思いやりの言葉で対応。このような会話で、彼の貧乏ゆすりが改善されたカップルが実在するのです。


2つのポイントをご紹介しましたが、最後のポイント、「テクニック3」は次のページで!

次のページは、「テクニック3」のご紹介です。