20代で象脚なんてイヤ!

脱・象脚
足首、実際にメジャーで測ってみたコトある?
年齢と共に重力に逆らえなくなるのは、お顔のタルミだけではありません。BODYだって同じ。徐々にハリがなくなって下に下に……。ソレが足首に溜まって、気づけばくびれのない象脚に!

何ですって? アナタ、まだ20代?! 聞き捨てなりません! 今足首を作らなくて、いつ作るんですかっ!?

象脚の原因は、重力のせいばかりではありません。
疲労・むくみ・筋力不足
など、重力以外にも、様々な原因が考えられます。マッサージなど色々な方法がありますが、今回は一番手軽にできる解消法をこっそり伝授しちゃいましょう。

それは、歩き方を変えてみる事です!

先日、オールアバウトで開催したビューティー塾で、私は「象脚」を解消する歩き方の講座を担当しました。たった、5往復しか歩いてないのですが、半数以上の方々に効果が出ていましたよ。



キレイの基本、姿勢と歩き方のテクニック

ビューティー塾
足裏の体重移動など理論的な内容も解説
「ビューティー塾」第一回目のテーマは「キレイの基本、姿勢と歩き方のテクニック」でした。ウォーキング実践前後の足首周りのサイズチェックを行い、参加者の皆さんにウォーキングの効果を体感して頂きました。

基本姿勢から歪みチェックまで、じっくりすすめていると時間が足りない状態に! 実際に歩いたのは、たった5往復程度だったので、数字に変化があるのか、正直心配だったのですが……。

20名の受講者のうち、11名がサイズダウンしていたのです!

会議室をたった5往復しただけですので、もっと、長時間ウォーキングを行なえば、より多くの方に体感して頂けたかもしれません。

一番変化が大きかった方は、な、なんとマイナス2cm!! そして2名の方が1cm。次いで8mm、7mmとサイズダウンした方々がいらっしゃいました。

また、実技前には、左右の足首が異なるサイズだった方も、実技後は、同サイズになっていらっしゃいました。重心をシッカリ意識することで左右差が改善されたのです。

たった5往復で結果が出たウォーキングのポイントは、次のページでご紹介しましょう!

次のページは、「細っそり足首のワケ」ののご紹介です。