前回の記事『今度こそ内気な私にサヨナラする!!』では、語学学校Académie Tokyo-Paris校長のEmmanuelle BODIN(エマニュエル ボダン)先生にお話をお伺いしました。テーマについて独自の意見を構築し、自分なりに表現することの大切さを教えていただきましたが、そのような方法になれていない日本人がストレスなくフランス人とコミュニケーションをとることは難しいのでしょうか?

miano
すぐに役立つフレーズが満載のBodin先生のブログ
BODIN先生の答えはもちろんNon(いいえ)!フランス人と語り合うための基本となるいくつかのrègles(ルール)を教えていただきました。今回の記事では、以下BODIN先生のお言葉をできるだけ忠実に翻訳してお伝えしていきたいと思います。(以下のリンクをクリックするとルールごとの詳しい解説が見られます。)

フランス人と語るために覚えておきたい9つのルール


Bodin先生とのインタビューにあたって一番印象的だった言葉に、「De nombreux Japonais découvrent le plaisir de s'exprimer à travers une langue étrangère. 」(多くの日本人は外国語を通して自分自身を説明する喜びを知る。」というものがありました。ガイド自身の経験を振り返ってみても「日本人より外国人の方に自由な意見を述べられる」ということは多々あり、このより自由な「新しい自分」・「新しい世界」の発見こそが外国語を用いてのコミュニケーションの醍醐味だと思います。

できる限り独自な視点を持ち自分の意見を表明すること。相手に対する興味をしっかり示すこと。記事を通して学んだルールを活用してしゃべりだしたら止まらないフランス人と素敵なひと時をすごせるよう努力してくださいね。