太陽のまばゆさとは対象的に、時代を問わずその神秘的な輝きで人の心を魅了し続けているlune(リュヌ/月)。フランスには、日本のようなお月見の習慣はありませんが、そのイメージが言語や文化に与えた影響はかなりのもの。今宵は、世界中で愛されているお月さまを肴にフランス語を楽しんでみましょう。

詩的な感覚を愉しもう!お月さまフランス語

eiffel
エッフェル塔と巨大なお月さまの相性は?
ハネムーンがlune de miel(リュヌ ドゥ ミエル/蜜月)、croissant(クロワッサン)が「三日月」であるというのは、多くの人が知っているメタファー。

それでは、lune d'eau(リュヌ ド/水の月)とも呼ばれることのある植物についてはご存知でしょうか?正解は、nénuphar blanc(白い花の睡蓮)。水にたゆたう美しく白い花を月にみたてたその感覚には、日本人である私たちにも共感できるものがあります。

また、poisson-lune(プワソン リュヌ/月の魚)、あるいはlune de mer(リュヌ ドゥ メール/海の月)という別名を持っているのは水月(くらげ)ではなく、môle(モル/マンボウ)。銀色に光り輝く巨体に申し訳程度についた眼と口がとてもかわいらしいマンボウですが、同時にGeorges Méliès(ジョルジュ メリエス)の『Le Voyage dans la Lune』(月世界旅行)にでてくるシュールなお月さまのvisage de lune(ヴィザージュ ドゥ リュヌ/真ん丸の顔)を連想してしまうのは、ガイドだけでしょうか?

神秘的かつ移り気な様子が魅力のお月様

jean
太陽よりも月のような怪しげな世界を得意とするTomi Ungerer
それでは次に、「お月さま」が登場する熟語表現をみてみましょう。

まずは、日常会話でも耳にすることの多いêtre dans la lune(エートル ダン ラ リュヌ)。「月の中にいる」という直訳をもつこの表現は、「ぼんやりしている」という意味を表します。

また「月の中に頭を持つ」という言い回しで「夢見がちである」という意味を表すavoir la tête dans la lune (アヴワール ラ テット ダン ラ リュヌ)も月の神秘性を示す似たような表現でしょう。

さらに、lunatique(リュナティク/気まぐれな)という形容詞の中にも、lune(月)の名残が見られますが、これもまた月がその姿を様々に変えていく様子を連想させる表現です。

絵本作家Tomi Ungererの作品に『Jean de la lune』(ジャン ドゥ ラ リュヌ/邦題:『月おとこ』)というのがありますが、主人公Jeanは、月の住人でありながら地上に降り囚われの身となり、月の満ち欠けにあわせて自分の姿を縮小させ脱獄したりします。とてもpoétique(ポエティック/詩的)で素敵な絵本ですので、初心者の方は、フランス語版にもチャレンジしてみるといいかもしれませんね。

次ページでは、
届かぬからこそ美しい!お月さまのような恋愛映画もご紹介しましょう。