日本でもフランスでも、お天気は、会話の始まりには欠かせない話題です。フランス語での基本的なお天気の言い回し、ちょっと変わったおもしろ表現などしっかりマスターして、会話に彩りをもたせましょう。
すでに基本形をマスターされている方は次ページの「おもしろ言い回し編」へどうぞ。

基本形をマスターしよう!

meteo
会話の始まりはお天気の話題で。
まずは、お天気表現には欠かせないIl fait(イル フェ)+ 形容詞を使った表現からマスターしましょう。Ilはimperssonel(非人称)の主語、faitは記事『のだめに続け!フラ語カンタービレ』でもとりあげた動詞faire(フェ-ル)が活用したものです。

  • Il fait beau.(イル フェ ボ/天気がいい。)
  • Il fait mauvais.(イル フェ モーヴェ/天気が悪い。)
  • Il fait frais. (イル フェ フレ/涼しい。)
  • Il fait bon. (イル フェ ボン/気持ちがいい。) 
  • Il fait sec. (イル フェ セック/乾燥している。)
  • Il fait nuageux. (イル フェ ニュアジュー/曇っている。)
  • Il fait doux.(イル フェ ドゥ/穏やかな天気。)
  • Il fait lourd.(イル フェ ルール/うっとおしい天気。)
  • Il fait étouffant.(イル フェ エトゥファン/むしむしする/息苦しい天気。)
  • Il fait humide.(イル フェ ユミッド/湿度が高い。)


  • これらの表現は、Il fait chaud.(イル フェ ショ/暑い。)、Il fait froid.(イル フェ フロワ/寒い。)と寒暖について述べたり、Il fait chaud et humide.(イル フェ ショ エ ユミッド/むし暑い。)のように、いくつかの単語を組み合わせて使うこともできます。さらに、無冠詞の名詞と組み合わせてIl fait jour.(イル フェ ジュール/日が出て明るい。) Il fait nuit.(イル フェ ニュイ/日が暮れて暗い。)などの言い回しも可能です。

    今日の天気には、何が「ある」?

    neige
    雪のパリ
    Il faitの表現をマスターしたら、今度は、Il y a(イリア/~がある)を使った表現にチャレンジしましょう。

  • Il y a du vent. (イリア デュ ヴァン/ 風がある。)  
  • Il y a une averse.(イリア ユナヴェルス/にわか雨だ。)
  • Il y a des nuages. (イリア デ ニュア-ジュ/雲がでている。)
  • Il y a des orages. (イリア デゾラージュ/雷雨だ。)
  • Il y a une tempête.(イリア ユヌ タンペート/嵐だ。)
  • Il y a du soleil. (イリア デュ ソレイユ/太陽がでている。)

    上記のように「Il y a」を使った表現は、多くの場合、冠詞+名詞の部分を先ほどのIl faitにくっつけて使うこともできますので、「できるだけ覚えるのは少なく!」という節約派の方はそちらで覚えておくのも一つの作戦です。

    基本動詞もいくつかマスターしておこう!

    例えば、「雨や雪が降る」と言いたいとき、これまで覚えた表現を使って、Il y a de la pluie. (イリア ドゥ ラ プリュイ/雨が降っている)、Il y a de la neige. (イリア ドゥ ラ ネージュ/雪が降っている)ということも可能ですが、どうせなら動詞も覚えておきたいところです。非人称のIlと組み合わせた活用を1パターン、原形と共に覚えておけばたいていの場合は大丈夫ですので、いくつかリストアップしてみましょう。

  • Il pleut. (イル プル/ 雨が降る。)
  • Il neige.(イル ネージュ/雪が降る。)
  • Il grêle. (イル グレル/ひょうが降る。)
  • Il tonne. (イル トヌ/雷が鳴る。)


  • 上にあげた4つの動詞の原形は、pleuvoir(プルヴワール)、neiger(ネジェ)、grêler(グレレ)、tonner(トネ)です。これらの原形を、近い未来を表すIl va(イル ヴァ)と組み合わせれば、Il va pleuvoir. (雨が降るだろう。)という風に未来のことが言えますので、あわせて覚えておくと便利ですね。また、未来形ではありませんが、Le ciel est dégagé.(ル シエル エ デガジェ/晴れている。)という言い回しも、頻繁に使われるものですから、しっかり覚えておきましょう。

    次ページでは、「おもしろ言い回し編」をお届けします。