瀬戸焼(愛知県)


写真をクリックすると次の写真に進みます
瀬戸焼の代表織部焼

瀬戸焼は鎌倉時代の初期から始まり、他の中世の窯業地が無釉の焼き物の生産をしていた中で、瀬戸窯では、施釉(せゆう)陶器(釉薬を器面全体に施したやきもの)が焼かれました。瀬戸焼の「織部焼」(おりべやき)は、千利休の弟子で、戦国武将で茶人の「古田織部」(ふるたおりべ)の名にちなんだ焼き物です。古田織部が好んで使った「斬新なやきもの」は,現代でも多くの愛好家がいます。

画像の織部焼きは、緑の色が素敵です。食卓をを華やかにしてくれます。