信楽焼(滋賀県)


写真をクリックすると次の写真に進みます
ワインカップ


信楽焼は8世紀の天平時代、聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を造るにあたって、瓦を焼いたのが始まりといわれています。鎌倉時代には水がめが作られ、室町・安土桃山時代には茶道具の生産が盛んとなりました。江戸時代には登り窯によって、茶壷をはじめ、いろいろな生活雑器が作られました。

今回の画像は、ワインや日本酒、焼酎にも合いそうな温かみのある手にやさしいカップです。