常滑焼 とこなめやき(愛知県)


写真をクリックすると次の写真に進みます
常滑焼


常滑焼は平安時代末期が始まりと言われます。室町・安土桃山時代には茶の湯や生け花用品が主に作られ、江戸時代中期まではかめ、そして明治時代からは、土管・洗面器やタイル・植木鉢等も盛んに生産されました。また、朱泥(しゅでい)などの常滑焼があります。特に急須はお茶の香りとうまみを逃がさず、お茶が美味しく入ると言われ茶器として珍重されます。