テーブルコーディネートをすると

テーブルコーディネートのイメージ
野菜料理をいただく、ナチュラルなイメージのコーディネート。
料理が引き立ち、いっそう美味しく感じられます。場の雰囲気が華やぎ会話も弾み、食卓を囲むことがこの上なく楽しいものになります。テーブルコーディネートはそんなすばらしい魅力を持っています。テーブルコーディネートをはじめるには、まず、基本の3大要素、「アイテム」「ルール」「演出」を知ることからはじめてみましょう。第1の要素「アイテム」には、テーブルリネン、カトラリー、フィギュアーの3種類があります。

第1の要素「アイテム」は3種類

テーブルクロスのイメージ
クロスの素材には、麻、綿、化繊などがあります。
■テーブルリネン
テーブルリネンとは食卓で使う布のことをさします。テーブルクロス、アンダーテーブルクロス、テーブルマット、ナプキンなどがあります。テーブルをしめる面積が多いクロスの素材と色選びは大切です。クロスを変えただけでテーブルの印象ががらりとかわります。

テーブルウェアのイメージ
テーブルウェアの中でも白い食器はどんなお料理にも合い、便利です。
■テーブルウェア
食器、カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)、グラスなどが必要です。一人一人が食事をする時に使うテーブルウェアと、料理を取り分ける時に使うサーバーのようなサービス用のテーブルウェアの2種類に分類でき、それぞれ、パーソナルアイテム、サービスアイテムと呼ばれています。

フィギュアーのイメージ
キャンドルの色や高さはテーブルのポイントになります。ディナーにキャンドルを灯してみましょう。画面左はキャンドルスタンドです。
■フィギュアー
テーブルを飾る装飾品のことをフィギュアーといいます。フィギュアーは食卓演出には欠かせないもので、テーブルの上の雰囲気作りに役立ちます。ソルト&ペッパー、ナプキンリング、キャンドル、キャンドルスタンド、陶磁器製の人形などがあります。また、食卓を飾る花やフルーツも、コーディネートの大切な要素です。特に、テーブルの中心を飾るものは、センターピースと呼びます。