戸棚にしまい込んだまま、ふだん使っていない大皿も、使い方次第で単調なコーディネートにインパクトを与えてくれます。ガイドは、いろいろな方法で大皿を使って楽しんでいます。

今回ご紹介する32センチのガラスの大皿は、通常アンダープレートとして、この上にガラスや磁器のお皿をセットします。ゴージャス感や華やかさを演出できるので、最近はレストランだけではなくご家庭でのおもてなしにも登場します。ところが、お客様用以外にこうした大皿を使う機会があまりなく、食器棚に眠らせたままのケースも多いかと思います。そこで、今回はこうした大きなお皿をふだんの食卓で使うアイデアをいくつかご紹介したいと思います。

折敷のように使う その1 

ランチのコーディネート

大皿の模様がレースのようなデザインなので、アイスティーの下にもレース編みのコースターを敷きイメージを統一します

大皿を折敷のように使います。和ではなく洋の軽いランチのコーディネートです。白い磁器にサンドイッチとフルーツシャーベット、カクテルグラスにはフレッシュフルーツを盛り、大皿にセットします。飲み物はグラスに入れたアイスティー。食器はすべて大皿にセットしても良いのですが、今回は2種類のステムグラスを大皿にのせると接触したり、見た目もスマートではないので、アイスティーのグラスは大皿の右上にセットします。クロスはガラスがよく映えるように、濃い色(今回は紺色)を選びます。夏にぴったりの涼しげなランチのワンプレートのコーディネートになります。


紙ナプキン

紙ナプキンのカラーを季節ごとに変えれば、手軽に四季を楽しめます

フルーツをいただくフォークに、涼しげなブルーの紙ナプキンをロール状に巻きます。大皿の右下にセットします。







折敷のように使う その2  

日本茶でティータイム

小さい漆塗りの茶托と陶器の煎茶茶器以外は、すべてガラスの食器です
水ようかん用に、赤い漆塗りの小さいスプーンを用意します

食器をすべて大皿にセットする、和洋の食器を使った日本茶の夏のコーディネートです。小さい食器を選んで、全て大皿にのせています。お菓子は水ようかんとエビせんべいをガラス食器に。温かい日本茶とグラスには冷たく冷やしたミネラルウォーターを。画像にはありませんが、緑の竹で編んだ籠におしぼりを入れて出します。