時短にもつながる、食器収納の防災対策とは?

東日本大震災の折、直接の被災がほとんどなかった東京でも、食器棚から食器が落ちて散乱し、その後始末に多くの時間がかかった、という家庭が数多くありました。食器が落ちる音と風景にはインパクトがあるため、これだけで必要以上のパニックに陥ってしまうこともあります。また、食器が床に散乱すると避難する際にもとても危険です。

食器の収納方法を見直すことは、防災対策のひとつになるだけでなく、実際に防災を考えて食器棚の使い方を変えてみると、実は普段の食器の出し入れも楽になり、結果的に家事が楽に、早くできるようになるのです。今回は、普段の時短にもつながる「食器収納の防災対策」の鉄則をご紹介します。


鉄則1 重いものは腰より上の位置に収納しない

重い物

土鍋や割れやすいグラス類、重い食器類を高い場所に収納している人はいませんか。重いものは下、軽くて割れないものが上、が防災収納の鉄則です

収納の防災対策で一番大切なことは
  • 重くて割れるものは腰より下 
  • 軽くて割れないものは腰より上の位置に収納
シンプルですが、大切なことです。食器棚の多くは、腰より上に陶器やグラスが収納されていることが多いのですが、ガラス扉がついている腰から上の戸棚の部分には、なるべく軽く、破損の危険がないものを収納するようにしましょう。

 

割れないもの

食器入れを想定されている場所でも、腰より高い場所であれば重い物、割れる物は入れない。軽くて壊れにくいものを中心に

写真はガイド宅の食器棚。腰より上のガラス扉の棚の部分には、一番下の棚にはケースに収納されたキッチンツール、中段にはかごに収納された乾物類や調味料、上段はビニール袋や油処理用のパッド、スポンジなどの軽い備品類が収納されています。いずれも、扉が開いて落ちてきても大きな音を立てたり、割れて散乱する危険性のないものが中心です。食器類は腰から下の位置に収納されています。これは鉄則3のところで詳しく説明します。

次は、家具の固定や食器をしまう場所についてです >>