1、基本の食器

洋食器の基本、その一:一人前洋食器として料理盛り付け用食器と飲み物用食器を揃える。
一人前洋食器の基本、4種類の食器
一人前の洋食器は「ディナー皿」「サラダ皿」「スープ皿」「カップ&ソーサー」で構成します。西洋料理の代表的な食器構成です。

■食器の数え方
写真のように、一人前の洋食器は「ディナー皿」、「サラダ皿」「スープ皿」はそれぞれ1ピース、「カップ&ソーサー」で2ピース、合計5ピースから構成されます。
■食器の説明
それぞれのサイズの幅の中からふだんの生活で使いやすい大きさを選択してください。

1.メイン料理用の皿として1ピース。直径23cmから27cmまでのサイズから選びましょう。

2.デザートやサラダ、ケーキ用の皿として1ピース。18 cmから21cmまでのサイズから選びましょう。

3.スープやシチュー、カレー用の直径19 cm前後のスープ皿、またはシリアルやサラダ用の直径17 cm前後のシリアルボール、いずれかを揃えましょう。

4.カップ&ソーサー
カップ、ソーサーそれぞれ1ピースとカウントします。

食器は、メーカーによってお皿の呼び方やサイズが多少かわります。


ディナー皿とサラダ皿
ディナー皿とサラダ皿
■ディナー皿とサラダ皿
ディナー皿 27cm メインデッシュ用
サラダ皿  21cm サラダやデザート用


カップ&ソーサー
カップ&ソーサー
■カップ&ソーサー
カップ&ソーサーではなく、マグでもよいです。
ふだんの食事に使いやすい方を選びましょう。
ご自分の好みで、1客ずつ、種類の異なるタイプを集めることも楽しいものです。


次ページで、基本のカトラリーとグラスについてご説明しております。是非、ご覧ください。