丹波焼(兵庫県)


写真をクリックすると次の写真に進みます
八角形の皿


丹波焼の特長は、赤褐色に焼締まった土肌が特長です。始まりは平安時代末期と言われ、初めは壷やかめが主でしたが、江戸時代に茶人の小堀遠州らの指導により、茶器を焼きくようになます。

画像は、和食を盛り付けて、食材の色とともに完成度が増す皿です。