紹介予定派遣で契約社員、正社員への道も

派遣
面接では自分のスキルをしっかりアピールすることも大切
ガイド:このご時世ですと、やはり正社員になりたいな~と思うこともあるのでは。紹介予定派遣を利用して正社員になりたい、という人は増えていますか?

家富さん:ここ数年、派遣スタッフ側・企業側ともにニーズは増えています。

ガイド:紹介予定派遣を希望する場合に特に必要とされる資格やスキルはありますか?

家富さん:業界、業種、職種にもよりますが、パソコンや英語や簿記などのテクニカルスキルだけでなく、コミュニケーション能力などのヒューマンスキルが重視される点は共通です。また、紹介予定派遣の場合は、一般派遣での就業とは異なり、事前に応募書類の提出や面接がありますので、資格やスキルを上手アピールし、働く意欲を伝えることが大切です。

これから注目の分野、安定ニーズのある分野

ガイド:これからニーズが高まりそうな分野、また安定ニーズのある分野について教えてください。

家富さん:企業のニーズでは、圧倒的に事務の分野が多く、今後もこの傾向は変わらず安定していると思います。また、販売やコールセンター、介護といった分野では、すでに人材も不足しており、今後ますますニーズが高まりそうです。

ガイド:事務の分野はもちろん、新しいジャンルの仕事にチャレンジしてみるのも、経験になりそうですね。

家富さん:仕事にこだわりを持つことは時には大切ですが、こだわり過ぎるのもせっかくのチャンスを逃しかねません。様々な経験を積むチャンスと捉えられるかどうかで、次の目標が見えてくるときもあると思います。

ガイド:ありがとうございました。

派遣という働き方だからこそ、スキルを磨く時間も確保できます。またビジネススクールのようなシステムを活用できます。テクニカルスキルはもちろん、ヒューマンスキルも自ら磨き続ければ、必ずいつかは力となるはず。それが長く働き続けるコツのようです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。