ガイドのレシピ本『ウケるひと皿』を買っていただいた方に、本をより楽しく使っていただくためと、この本の内容が知りたい、というユーザーの方のために書いた、本に掲載したレシピの解説です。
第四弾は、酒の肴、おつまみ編12品についてです。

>第一弾 『大人気! ウケる「男の料理レシピ」ベスト5』
>第二弾 『ウケるひと皿・4つの極意』
>第三弾 『ウケる野菜たっぷりレシピ』


サンマの唐辛子オリーブオイル煮

サンマの唐辛子オリーブオイル煮
 
揚げるのではなく、たっぷりの油をごく弱火で温め、煮るようにして火を入れるのが、この料理の特徴。サンマが旬の時期以外なら、タコやイカ、小エビなどで作っても美味です。

ウェブサイトにも掲載しているレシピですが、本とサイトでは、材料の分量が少し違い、またウェブでは粉末の韓国産唐辛子ですが、本では小口切りの赤唐辛子を使っています。理由は韓国産唐辛子のほうが入手しにくいのと、粉末より小口切りのほうが見た目がよい、また粉末は焦げやすいからです。

味としては、甘い韓国産唐辛子を使ったものも捨てがたいのですが、本のレシピのほうが、ワインをはじめ、オールマイティにお酒と合います。

ウェブ上のレシピは こちらです。



牡蠣の味噌焼き

牡蠣の味噌焼き
 
牡蠣と味噌を和えてさっと焼くだけの簡単レシピ。冬の日本酒のあてに最適です。こちらは本だけの紹介です。


梅干入り船場汁

船場汁
 
船場汁の鯖と大根という組み合わせは、まさに出会いもん、私の大好きな料理です。作るのも簡単で、塩鯖のフィレを使えば、本当にすぐに出来ます。
これと日本酒の組み合わせ、最高ですよ!


ウズラの卵のトマトソース焼き

ウズラの卵のトマトソース焼
 
こちらはオーブントースターを使った簡単レシピ。トマトソースの上に卵を落として焼きます。このページでは、他の料理も使える、簡単トマトソースの作り方も紹介していますよ。


鶏の焼酎蒸し

鶏の焼酎蒸し
 
鶏胸肉を焼酎でしっとりと蒸して、ゴマを絡めたひと皿。焼酎でなく、日本酒やワイン、紹興酒などを使っても美味です。



次ページではウェブサイトに載せたレシピもたくさん登場します!