気絶したイマム
 トルコ料理には夏野菜をおいしく食べられるレシピがいっぱいあります。 これはその代表的なもの。正式な名前は、パトゥルジャン(=ナス) イマム(=僧) バユルドゥ(=気絶した)。高僧がこの料理の匂いをかいだだけで、あまりにおいしそうで気絶したとか。

保存できるので、一度にたくさん作り、冷蔵庫で冷やして常備菜として食べて下さい。 作り方のバリエーションはいろいろあるんですが、ここでは私が普段作っている「楽に作れるバージョン」のレシピをお届けします。
ぜひご近所のお坊さんに食べさせてみてください!


材料

(4人分)

ナス:3~4本
トマト:1個
タマネギ:中1個
ニンニク:ひとかけ
青唐辛子:1本
:小さじ1/2
レモン汁:少々
砂糖:ひとつまみ
:適宜
パセリ:適宜


下ごしらえ

トマトを切る
トマトをさいの目に切ってザルに入れ、塩ひとつまみ(分量外)を振ってしばらく置いておきます。
もし外が天気なら、半日ほどトマトを干しておくと、より美味しいものができます。


みじん切り
ニンニクはみじん切り、タマネギはごく荒めのみじん切りにし、青唐辛子は小口から薄切りにします。


ナスの皮をむく
ナスはピーラーでストライプ状に皮をむきます。


次ページで火を入れてゆきます